煽り報道

未知のウイルス新型コロナ感染のパンデミックが始まって1年近く。

あーでもない、こーでもない、あるいはびっくりするくらいの根拠のないデマ報道を

目にしたり耳にしたりしてきました。


民放は最悪でしたね。全く現場を知らない医者かあるいは医者もどきが現れて日々

根拠のない煽り報道をしていました。もう今ではほとんど私の目には入らなくなった岡田さんとか、あるいは縦グラフおじさんの上さんとか。

実際に患者さんを見ている医者ですらこんな未知のウイルスに断定的な物言いなんてできないし、むしろ断定的物言いはとっても危険なので普通の感覚の人はあんな風にテレビに出てきては絶対に意見はしません。


テレビに出てきて何かインパクトのある発言をする輩の事はまず「マユツバ」で聞き流して欲しいです。

私はNHKのためしてガッテンも嫌いです。

病気は千差万別であってそれを普遍化して、しかも『〇〇が効果ある!』と断言してしまう愚かさ・・・。

ためしてガッテン出演されている医師は私の中では「自称医者」です。

辛口ですみません。


と言いますのも新型コロナワクチンの事について「殺人ウイルス」だのとテレビやらSNSで発信する人達がいて、そういう風潮が日本では普通になってきているように思うからです。


こんな短期間に作られたワクチン。それは今の医学のレベルで可能になったのでしょうがもちろん安全性とか、その効果とかまだまだはっきりしない事はあるかと思います。

数年して結果的に「あまり効果がなかったね・・」とか「こんな副反応が既存のワクチンに比べると多かったね、、とかあるいは少なかったね」とか。

それでもこのワクチン接種を進めていく背景に、そりゃあ利権もあるのでしょうしね。

そんな事は下々の私には知った事じゃありません。


1年経ち、この新型コロナはおさまってきたでしょうか?

当初の予想通り、変異を繰り返しながら決して弱毒化も感染力の低下も起こしていなさそうです。

このウイルスの年次変化を私たちは自然経過としてマスク生活をしながらじっと耐えるしかないのでしょうか。

マスクをする意味はない、風邪と同じだ、インフルエンザの方が死んでいる人が多いからコロナに神経質になりすぎだ。

相変わらずこれを主張する人は、一度コロナ病棟のICUに行ってみるといいと思います。

そして他の肺炎患者さんと比べてみると一目瞭然です。

今までにない恐ろしいウイルスであることは明々白々なんですよね。

まあ一度ご自分が罹ってみたらわかるでしょうか。


私は個人的には、このウイルスから子供達を守りたいと思っています。

高齢者が感染し、簡単に死んでいってしまうという恐ろしさがある限り子供達の平和な日常は戻ってはきません。

ワクチン接種をするのはミクロの問題じゃありません。皆さんもちろんご自分のお体が大切なのはわかります。でも「自分・自分」と言っている場合ではありません。

もっとマクロの問題で、「子供達がなるだけ平和に送れる社会を提供する」のが私達大人たちの役目だと思っています。


ワクチン打って死んだらどうしよう?副反応が大変だったらどうしよう?とご相談に来られます。お気持ちはわかるんですよ。

でもそんな事誰にもわからない。うつならうつ。うたないならうたない。

自分で決めるしかないんです。

私はうちます。気持ちとしてはなるだけ集団免疫を早く獲得して子供達にマスクのない生活を送らせてあげたい。それが1番の理由です。


でも全員にうってくださいとは思っていません。

自分の人生。自分で決めましょう。誰かがうてと言ったからうつ。誰かがやめとけと言ったからやめとく。その考えで物事を決めると、何かが起こった時に結局その事象は他人のせいにしがちです。そして悩みます。


殺人ウイルスだと騒ぐのならまず自分はうたなかったらいいです。

そして殺人ウイルスであるという根拠をちゃんとしたエビデンスを出して説明しましょう。

色々な論文に目を通してからそこまでのインパクトのある事は発信するべきですね。


私の周りでは(医療従事者がうち始めています)ワクチン接種時の痛みはほとんどなさそうです。その後の腕のだるさは個人差がありますが、その晩は痛くて眠れないような人もいたということは聞きました。インフルエンザワクチンもほとんど腫れない人や、私のような上腕全体が腫れ上がる場合もあるので、これもうってみないとわかりませんね。

全く痛みが出ない人もいるようです。


これからワクチン接種が拡大していくにつれて私のところにも色々な情報が入ってくるかと思いますので、また発信していきます。



24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

1回目コロナワクチン予防接種受けてきました!

私は来週から体育館での集団予防接種のお手伝いに行かせていただくことになっているのですが、何とかそれまでに1回目の予防接種を受けることができました。 4月16日午後にスタッフ4名が接種していただきました。 筋肉注射は私が医者になった当時は、肩のとんがったところの肩峰というところから3横指(3本の指分下の部分)下のところに左手でつまんでうつ。うったら揉む。 これが筋注のやり方マニュアルでした。 でも今

銀座通りクリニック内科・呼吸器内科内覧会でした

銀座通りって、、、それどこ?ですが守山には銀座通りがあるんですよね。 なので決して東京の銀座を狙った命名ではありません😅 今日は守山さくら内科の分院となるクリニックの内覧会をさせていただきました。 院長はわたくしの夫の尾柳大樹です。 専門は呼吸器科医ですが、内科全般と呼吸器疾患を診療させていただきます。 100名近い方が来てくださってとてもありがたかったです。 ご近所の方が多かったですが、守山さ

お問合せ電話

守山さくら内科クリニック

予約・お問い合わせ

077-582-6577

 
コロナホットライン

​守山さくら内科

クリニック

感冒・発熱

ホットライン

077-535-0312

 

守山さくら内科クリニックでは電話診療を行っております。お気軽にお問合せください。

 

​守山さくら内科クリニックではオンライン診療を2020年6月1日より開始。再診の方のみ。詳しくは受付まで。

オンライン診療