新型コロナの感染経路の最新の知見

新型コロナ禍が始まって1年以上が経過。

感染の仕方がインフルエンザとは明らかに違う事は分かっていましたが

当初は飛沫感染、接触感染が疑われていました。

1)感染者が発する飛沫を直接浴びることによる飛沫感染

2)飛沫が物に付着し、それを触った手を介して目・鼻・口などからの接触感染


最近わかってきたことは、接触感染は当初考えられていた程多くはないであろうということ。

要するに物に付着した飛沫内にあるウイルスにそれほどの感染力はないであろうということがわかってきました。

当院ではあらゆる可能性を考えて、頻繁にアルコールで様々な物を消毒しておりました。今後もそのスタイルを変更することは今の所考えておりません。

ただ接触感染のリスクはそれほど高くないと言う事がわかってきた今

最終的には手指消毒を徹底することが大切なのではないかと考えます。

手の皮膚を通って感染は絶対に成立しないので、最終的には手さえ清潔にしていれば大丈夫なわけです。


じゃあ一体どんな形式での感染なんでしょうか??


やはりエロゾルによる空気感染、そして無症状感染者とのマスクをしない会話や会食が圧倒的多数を占めるようです。


結果、いくらマスクをしていても密閉された空間で大勢の人と過ごすのは危険。

そしていくら換気がいい場所であっても近い場所でのマスクを外しての会話や会食も危険。


私達がしてきた事は概ね間違ってはいません。

物の徹底消毒のみがそれほど必要ではなかったという事であり、三密の回避、マスクをしない会話の回避、会食の回避、手指消毒の徹底


これがコロナ感染のリスクを最小限にする方法です。


大阪では大変なことが起こっていると思います。


ただ私の親戚はほぼ大阪に住んでおりますが、誰も感染しておりませんしその周りでの感染の噂もないようです。


上記三密の回避、会食の回避、マスクをしない会話の回避を守っている人達はやはり感染リスクは少なく

大勢の会食などに出かけてしまういわゆるハイリスク群が感染させあっているという実態ではないかと。

そしてそのハイリスク群の方達が家に持ち込み、日頃回避行動を行い十分留意している家族の他のメンバーに感染を広めているということかと。


変異株の感染力はものすごく強く、若い世代にも重症化する人が増えています。ただ若者は自分の身を守ることはできるわけで、今後は自己責任で自分の身を守る行動に徹するべきです。

私が一番残念に思うのは閉じ込められている介護施設などに入所している高齢者に広まってしまうことです。

この方々は回避行動が取れません。

いわゆる大きい密閉された家に閉じ込められているようなものです。

そこに無症状者や、或いは有症状の施設員が入ってきてしまったらひとたまりもありません。


無症状者が感染を広めているというのはほぼ間違いありません。

だから密閉された空間である病院、高齢者施設では定期的検査が絶対に必要であると考えています。

閲覧数:96回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私たち医療従事者はほぼ3回目のワクチン接種を昨年12月に済ませました。 ほぼ半年経過しておりますが 先日職員の健康診断をしたついでに自費でワクチンの抗体価を測定いたしました。 2回目接種までは個人差も多く抗体価も非常に低い方が多かったのですが 3回目接種で本当の意味でのブースター効果というものを実感しております。 おそらく接種後1ヶ月くらいが一番抗体価は高くなるのでしょうが 半年経過した私たちも十

軽症であるという言葉が一人歩きしてしまった「オミクロン」 もちろん医療従事者もその言葉に期待を寄せました。 こんな世の中が続いていることの非現実感が未だに拭えませんから。 でもイスラエル・イギリス・アメリカなどの例から デルタ株に比べると感染力は3〜5倍、しかし入院率・重症化率・致死率などは 3〜4分の1程度ということでした。 結局たくさんの方がかかったらいくら重症化率が低いとは言え 普通の風邪と

今回こそは指数関数的と言ってもいいくらいの増え方をしています。 感染対策があまり行われていないから・・というわけではなく それも少し関係があるんでしょうが、感染力が非常に強いことが伺えます。 オミクロンは軽症だから、風邪と一緒だから、、 こんな考え方が先行していることに少し警鐘を鳴らしたいと思います。 国ごとによってもオミクロンによる致死率は異なります。 増え方も異なります。 それは人種の差なのか