top of page

ワクチンは万能ではないが未接種で罹患する事のリスクの高さとは

今日本中で猛威を振るうコロナ第7波

今までとはまたレベルの違うコロナウイルスだと実感します。

何より感染力がやはり猛烈に高い

今までだと家族の誰かが罹っても、かからない家族のメンバーがそれなりにいたけれども

今や全滅の家族さんも多い印象。


陽性者の人数を一クリニックで押し測る事はできませんが

陽性率の高さが今までとはレベルの違うものですので

その影に一体何名の陽性者がいるのか・・と想像するだけでもゾッとします。

発表されている人数の何倍、いやもっとの人達が感染しているのだろうと

予測します。


日本人のワクチン接種率は先進国の中でも非常に高いのですが

その中でここ最近感じるのは

発熱外来を訪れる方の未接種率の高さです。

成年では9割程度は最低でも1回は接種しているだろうことを考えると

数名の発熱の方の半分近い人が未接種であることもあります。

あるいは未接種でしかも複数回コロナに罹患している方も散見されます。


もちろん3回目接種を終えていても陽性となり高熱を出している方もおられるので

ワクチン接種は絶対に万能ではありません。ワクチンを打てば絶対にかからないわけでもなく絶対に死なないわけでもありません。


でも世界的に統計を取った時に

明らかに未接種者の罹患率は上がり、致死率も高いことは明白な事実です。

また後遺障害の持続期間の長さ、後遺障害の重さなどもワクチンを接種している人とそうでない人を統計で比較した場合には明らかな差があることも事実です。


以前にも書きましたが

両親がともに国が勧めるようにワクチン接種をした場合、子供のコロナの罹患率が下がることはイスラエルでの報告で随分以前から報告されていました。


もちろんご両親がワクチン接種をしていても子供がお友達から感染してくることもあるだろうし、あるいはワクチン接種をしたご両親からうつることもあるでしょう。

ひょっとしたら重症化しているお子様もいらっしゃるのかもしれません。


今日も鹿児島県で10代の自宅待機中のお子様が自宅で亡くなったとの報告がありました。胸が痛みます。

この子もワクチンを打っていたかもしれない。ご両親もワクチン接種をされていたかもしれない。

そのことについては私は事実を知りません。

ただ一つの事象を抜き出してきて、だからワクチンをうっても無駄だとか

ワクチンを打ったら絶対に大丈夫だとか、そんな極論に走るような話ではないんです。

大切なのはミクロではなくマクロで考えることです。


統計を取って明らかに効果があるものに対して国が公衆衛生上勧めているものは基本的には社会に暮らさせていただいている社会の一員としては

ある程度耳を傾けるべきであると考えています。

人間はたった一人で生きて行くことはできません。

私たちが便利に快適に暮らせているのは社会の中で生かさせてもらっているからです。

蛇口をひねれば水が出て、スイッチを入れたら電気がつくのは

社会というところで暮らさせてもらっているからです。

日本は特に医療アクセスが良く、体調が悪ければほぼ即日に病院で診てもらうこともできます。

それは当たり前のことではなくて、国民全体が互いに協力しあっているからです。

国民皆保険という制度を皆で助け合い遵守しているからです。


コロナウイルスは誰のせいでもありません。国のせいにしたり、人のせいにする意見などを見かけますが、一体全体どうしてそんな発想になるんでしょうか。

コロナウイルスが出来上がった経緯については全く知る余地もありませんが

現在世界中で猛威を振るうコロナウイルスに私たち一人一人が自覚を持って

対処しなければ仕方がありません。


基礎疾患がある方、高齢者、そして幼き子供達を守るために

そうでないものができる事は、できるだけコロナウイルスにかからないようにすることではないだろうかと思います。

それがワクチンを打つことで自分への感染を少しでも減らせるなら

またワクチンを打つことで人への感染を少しでも減らせるなら

それがワクチンを打っておこうという動機にならないでしょうか。


ワクチンはしんどいから怖いから打ちたくない。でも感染のリスクを考えずに行動し、医療へアクセスし医療がより必要な弱者の方々の医療資源を使うというのはちょっと筋が通らない事であろうと思います。


厳しい事を書きました。

ただ多くの方はそうではないですし、非常に忍耐強く辛抱し留意し生活しておられます。

軽微な症状であるならば自宅で過ごしておられる方もいらっしゃいます。

中々治らないのでやっとご相談されるというケースもあります。


繰り返しになりますが

コロナ感染は複数回罹患すると、数年後の死亡率が2倍に増えます。

そして後遺障害の程度・期間も約2倍に伸びます。


1度のコロナ感染後に脳の萎縮を認めたというイギリスの1000名近い人達の後ろ向きの報告があります。

脳には多くのACE2レセプターがあるので不可逆的なダメージを脳に与えてしまうことは十分にあり得る話であろうと思われます。

ひどい頭痛などがある場合は脳内でコロナウイルスが増えている可能性が高いのだろうと思われます。


インフルエンザとは全くもって違うウイルスであり

罹っても治ったらそれでいいんでしょ?というものとは別物であることを

十分認識して行動していただきたいと切に願うばかりです。


10代の自宅待機中で亡くなられたお子様のご冥福をただただ祈るばかりです。

子供達がどうか守られますように。

私たちが出来うることは全て講じてでも子供たちを守るべきではないかと考えております。






閲覧数:18,365回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病の方が安楽死を選択されたというニュースが

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6507442 ネットを見ていて上記の記事を見つけました。 パーキンソン病の女性がスイスで安楽死を選択されたとのこと。 どう表現していいのかわからないような胸が苦しくなるような そしてその女性の心に私の思いを馳せようとしてもそこにはどうやっても届かないような そんな気持ちになりました。 私は脳神経内科医として30年以上過ごしてきました

令和6年1月初旬の発熱外来の状況

昨年の令和5年1月1日に発熱外来をさせていただいた時には、わずか3時間程度で40名近い患者さんから連絡があり、ほぼ全ての人が新型コロナに感染しておられました。 今年は新型コロナ感染症への警戒感も徐々に薄れて来られ、重症化する方も数年前と比較すると減少したこともあり発熱外来を年末年始にオープンすることなく6日間のお休みをいただきました。 そして1月4日から通常外来を始めさせていただき、3日間の診察を

令和5年12月で~~発熱の方がどんどん増えてきています

11月中旬頃までは新型コロナの新規感染者は数日に1件から2件ある程度であったのが、11月末からまた増加傾向です。 インフルエンザは8月ころから増え始め未だ減少の気配がなく毎日のようにA型の方が多く来られます。 インフルエンザA型は学生さんの間で流行しており、その親御さんが一緒に感染されるという感じで、ご高齢の方でインフルエンザの方は少ないように思います。 ただコロナ感染は確実に増加傾向。今回はさす

Comments


new07 (1).gif
bottom of page