ハイドロキノン+トレチノイン酸による肌改善

コロナ禍でマスク生活をしている女性にとって、今こそがアグレッシブな肌質改善に挑める時😅

鼻から下の美容整形や美容施術も増えていると聞きます。


私はもう55歳を超えました。スタッフも最初は20代だった人も40代になりました。

皆が加齢と闘っています😂


皆の悩み

「肝斑、シミ、しわ、たるみ、くすみ」

この辺りに集中します。

アジア人女性独特の肝斑はトラネキサム酸の内服で随分改善できるはずです。

でもあまり効果のない方もおられます。


そこで巷で非常に人気になっている「ゼオスキン」なるものを始めて見ました。友人に美容施術を専門にしている人がおり彼女の意見を参考にしながら開始。


今で約2ヶ月ですが、驚くべき効果があります。

副作用である「赤み、皮むけ、痒み、乾燥」はある程度我慢、あるいは違うもので緩和しながら続けていけるもののように思います。

なんと言っても、ノーファンデが綺麗に見えるようになったことが驚きです。

くすみがなくなり、血色が戻るので若々しい印象になります。

肝斑は薄くなります。そばかすは私は消えてなくなりました。老人性色素斑であるいわゆるシミは確実に薄くなります(ただ消したい場合はレーザー施術でしょうか)そして顔全体が首よりもワントーンからツートーン明るくなります。

小皺は薄くなります。

とにかく画期的な治療法です。

これは大昔から東大式と言われる手法であったのですが、結局の所ダウンタイムの激しさから脱落者も多く、浸透しなかったようですが

このコロナ禍でマスクをしていられるという安心感からか

多くの女性がトライしているようです。


美容専門家の友人曰く、日本女性の30歳から50歳代くらいまでは「肝斑」の問題がありレーザーでシミを取り除く適応になる人は少ないと。なので全体的なトーンのアップやレーザー治療による肌質の改善(コラーゲン増生)が美容施術としてはおすすめだとか。また巷で流行っているウルセラやハイフと言った引き締め治療も表皮や真皮よりももっと奥に働きかけるため肝斑の悪化などを起こすリスクを少なく肌質自体を改善させられると。

美容医療はすごい進んでいるんだなと実感。


ゼオスキンのセラピューティックコースは後1ヶ月から2ヶ月で終了します。

その後の維持期に何をするのか・・・。

大切なのは保湿とビタミンAを入れ続けることかと。

閲覧数:180回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私は30歳代半ばから白髪が気になるようになり、白髪染めを始めてしまいました。 サロンで染めるとお値段も高くて尚且つ時間がかかるので 3週間に一度程度自宅で染めていました。 資生堂のティアラという商品でやや濃い目の茶色で染めるとしっかりと染まりました。 でもやっぱり真っ黒な感じになることや面倒くさいこと、、そして家の中が染料剤で汚れることなどから、サロンで染め始めたのが37歳くらいからかと・・ あれ

東洋人の女性に非常に多い『肝斑』と言う厄介なシミの一種 両頬に神経系統の刺激に沿って、「もやっ」と現れる40歳以降の左右対称のシミ。 紫外線はもちろん悪化原因ですが、一番悪いのは機械的刺激です 洗顔・メイクでの摩擦は悪化原因となります。 そして今!マスクによる肝斑の方が激増していると思います。 マスクが擦れている場所に出るのならまだそこが擦れているからだと思えますが そうではなくて肌の一部が擦れる

エステティシャンと言われる方々やコスメカウンターにいらっしゃる美容カウンセラーさんは口を揃えて「洗顔を制するものが美肌を制する」とおっしゃいます。 果たしてそれは本当なのでしょうか。 まずはデパコスに並ぶ化粧品は本当に美しく、その仕上がりも本当に素敵。 化粧直後は自分の肌がものすごく綺麗になったんじゃないかと勘違いするくらいファンデーションの出来栄えは素晴らしいものになっています。 夏でも崩れない