検索
  • 尾柳知佐子

PPE(防護服関係)、アルコール手に入らず・・・

2月初めにマスクを買おうと思うも、もうすでに手に入らず。

卸屋さんにもない状態。

マスクはもちろん、フェイスガード・防護服・使い捨てキャップ・グローブ・そしてアルコール。アクリル板やビニールシート。

何もかも手に入らないし、入りにくい。

今ではキレイキレイですら5倍くらいの高値で売られている。

アルコールもおそらく1リットルで600円程度なはずなので3倍から4倍くらいの高値


でもコロナ時代、感染防護と消毒は必須のものです。

医師会からは50枚入りのマスク1箱いただきました。


結局必死でネットで高いけれど買うしかありません。

アルコール、感染防御のパーティション、職員の服、マスク、本当にいろんなものを

買わないといけなくなりました。


病院も含め診療所では外来患者さんは減り、(感染防御の観点からは押し寄せないのが一番ですが)、必要経費が嵩みます。


こういう状況ですので往診を希望される方も多く、往診時の体制も整えないといけません。

病院の先生はもっともっと大変な思いをされているかと思いますが

このままでは、地域医療を続けていくことが出来なくなる医院が増えてくることが予想されます。

小児科でもワクチンを打っていない方々がいらっしゃると聞きました。


実際に閉院を考える友人なども出てきています。


国のビジョンを示していただきたいと思います。

国も大変な時期ですので、ビジョンが示されればそれに応じて皆形態を変えていくしか

ありません。

それを国民全体で共有できるように、具体的案を提示していただきたいなと思います。


今日はちょっと苦言のような内容になりましたが

医師の友人の多くは、声を上げずに耐えてやっております。

でもその限界もそろそろ近づいてきていることを知っていただきたいと思います。


私は今日は昼から診療です。


今日も感染防御体制で頑張ります!!


在宅診療も頑張ります!!




58回の閲覧

最新記事

すべて表示

滋賀県へのご質問

ご無沙汰しております。 新型コロナと折り合いをつけた生活に皆様ももう仕方がないな・・と諦めモードで受け入れておられる感じがします。 さて今後の秋・冬に向けて検査体制が国で提示されました。 滋賀県でも三日月知事がかかりつけ医での診療を骨子とした方針を会見でお話しされていました。 ぼやぼやしていたら、インフルエンザだってあっという間に流行しますので とにかくクリニックとしてどのような体制で臨むのか決定

どんどん増えるコロナ患者

自粛解除からあっと言う間にコロナ感染者数が夏にもかかわらず増えています。 新型コロナとはなんて言うウイルスだろう・・と思います。 やっぱりヒトにとって免疫のない初めてのウイルスであるため 夏だから感染力を弱めると言うことはないようです。 いえ、むしろ感染力は上がっていそうです。 感染力を上げるようにウイルスは突起部分を増やし変異を遂げているようです。 だから数ヶ月前より感染力が上がっている可能性大

自粛解除について思う事

一時期1日に数百人単位で感染者が報告されていた頃を思い出すと、やっぱり身体中がぎゅっと緊張して悲しい思いで過ごしていたな・・と。 今でも亡くなられた方が報告されるとやっぱり辛いです。 他の病気で亡くなられている方はたくさんおられますし、このコロナも人間が受け入れざるを得ない病だろうからコロナだけを特別視するこの感情をコントロールせねば・・と思うのですが・・・。 それくらいコロナとは怖い病です。 先

お問合せ電話

予約・お問い合わせ

077-582-6577

 
コロナホットライン

​感冒・発熱

ホットライン

077-535-0312

 

電話診療を行っております。お気軽にお問合せください。

 
オンライン診療

​オンライン診療を6月1日より開始。再診の方のみ。詳しくは受付まで。