頭痛でお困りの方

クリニックには2名の脳神経内科専門医がおります。

片頭痛や筋収縮性頭痛を含めた頭痛一般に関しての診断・治療をおこなっています。

必要事にはCTを撮影したり、あるいは脳MRIを別機関で受けていただき、より正確な診断に努めています。


中でも片頭痛患者様は女性に多く、トリプタン製剤を要する事も度々あります。

片頭痛発作がひどくなると、嘔吐をともなう事が多く、内服薬の治療が困難になります。

そういった時には、当院を受診していただき注射(トリプタン製剤)や点滴などで、ほぼ症状を半分以下に軽減する事が可能です。

受診が困難であったり、あるいは夜間の発作などに備えて、在宅自己注射の指導もおこなっており、患者様の頭痛コントロールを良好に行えるよう取り組んでいます。


低気圧が近づいてきたり、女性でしたら月経周期に合致して、あるいは寝不足などが誘引となり片頭痛が引き起こされる事はよくあります。

これから梅雨の季節になりますと頭痛患者様が増えてくる事が予想されます。


どうぞお気軽にご相談ください。




閲覧数:104回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私たち医療従事者はほぼ3回目のワクチン接種を昨年12月に済ませました。 ほぼ半年経過しておりますが 先日職員の健康診断をしたついでに自費でワクチンの抗体価を測定いたしました。 2回目接種までは個人差も多く抗体価も非常に低い方が多かったのですが 3回目接種で本当の意味でのブースター効果というものを実感しております。 おそらく接種後1ヶ月くらいが一番抗体価は高くなるのでしょうが 半年経過した私たちも十

軽症であるという言葉が一人歩きしてしまった「オミクロン」 もちろん医療従事者もその言葉に期待を寄せました。 こんな世の中が続いていることの非現実感が未だに拭えませんから。 でもイスラエル・イギリス・アメリカなどの例から デルタ株に比べると感染力は3〜5倍、しかし入院率・重症化率・致死率などは 3〜4分の1程度ということでした。 結局たくさんの方がかかったらいくら重症化率が低いとは言え 普通の風邪と

今回こそは指数関数的と言ってもいいくらいの増え方をしています。 感染対策があまり行われていないから・・というわけではなく それも少し関係があるんでしょうが、感染力が非常に強いことが伺えます。 オミクロンは軽症だから、風邪と一緒だから、、 こんな考え方が先行していることに少し警鐘を鳴らしたいと思います。 国ごとによってもオミクロンによる致死率は異なります。 増え方も異なります。 それは人種の差なのか