頭痛でお困りの方

クリニックには2名の脳神経内科専門医がおります。

片頭痛や筋収縮性頭痛を含めた頭痛一般に関しての診断・治療をおこなっています。

必要事にはCTを撮影したり、あるいは脳MRIを別機関で受けていただき、より正確な診断に努めています。


中でも片頭痛患者様は女性に多く、トリプタン製剤を要する事も度々あります。

片頭痛発作がひどくなると、嘔吐をともなう事が多く、内服薬の治療が困難になります。

そういった時には、当院を受診していただき注射(トリプタン製剤)や点滴などで、ほぼ症状を半分以下に軽減する事が可能です。

受診が困難であったり、あるいは夜間の発作などに備えて、在宅自己注射の指導もおこなっており、患者様の頭痛コントロールを良好に行えるよう取り組んでいます。


低気圧が近づいてきたり、女性でしたら月経周期に合致して、あるいは寝不足などが誘引となり片頭痛が引き起こされる事はよくあります。

これから梅雨の季節になりますと頭痛患者様が増えてくる事が予想されます。


どうぞお気軽にご相談ください。




84回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ワクチン接種開始時期は5月下旬

守山市ではすでに高齢者に向けてワクチン接種は始まっていますが、予約システムの問題からパソコンを扱えない高齢者には予約は難しく不公平感があり、不満に思っておられる方も多いです。 ただ5月下旬からは開業医でもワクチン接種ができることになりますので 少しお待ちいただければ皆様にうてることになりますのでご安心いただきたいと思います。 1つのワクチンから6人分のワクチンをうつことになっています 一旦冷凍から

愛おしい義妹が天国に

今年の初め、53歳の若さで義妹が天国へ旅立ちました。膵臓癌でした。 頻繁に連絡を取り合うわけではないですが、私が父と暮らしていることもあり 父の誕生日や父の日など何かあると家族で来てくれて、父とちょっとしたお出かけを 提案してくれるような優しい弟夫婦でした。 12月初めに仕事中に連絡などしてこない弟から電話がありました。 とてもとても嫌な予感がして、すぐに電話をかけましたがつながらず そうこうして

新型コロナの感染経路の最新の知見

新型コロナ禍が始まって1年以上が経過。 感染の仕方がインフルエンザとは明らかに違う事は分かっていましたが 当初は飛沫感染、接触感染が疑われていました。 1)感染者が発する飛沫を直接浴びることによる飛沫感染 2)飛沫が物に付着し、それを触った手を介して目・鼻・口などからの接触感染 最近わかってきたことは、接触感染は当初考えられていた程多くはないであろうということ。 要するに物に付着した飛沫内にあるウ