超高齢者へのワクチン接種のリスクについて考える

当院では5月25日からご高齢の方から順にワクチン接種を行なっております。最高齢の方は90歳代前半。1回目接種後の体調不良のご連絡はありません。


ただヨーロッパから出ている論文によると、余命の限られた(何か基礎疾患があるという意味だと思いますが)かなり衰弱した高齢者にワクチン接種をするのは、リスクとベネフィットを考えて施行するべきとの見解が示されておりました。


実際に自宅で過ごされているご高齢患者様を対象に私たちはワクチン接種をしておりますので衰弱しているご高齢者には当てはまらず(おそらく)、今のところ副反応によるトラブルは経験しておりません。


ただ気になることがございまして・・

患者様の数名が高齢者施設で働いておられますが

複数名から1回目のワクチン接種でも体調を崩されることが多いと聞きました。

結局欧米の報告でもワクチン接種そのものが命に関わるというよりは

ワクチン接種をしたことで、発熱・食欲不振などが引き起こされ、それが誤嚥性肺炎や感染症を引き起こし結果的に死期を早めるということが懸念されております。


こう言った事例を踏まえて高齢者には特に留意してワクチン接種を考えていかねばならないと考えております。

現段階では日本での報告は限られておりますので実態は掌握できませんが

実際に身の回りで起こっている事象に目を向けながら

注意深くその方にとってより良い方法を選んでいかねばなりません。



43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナワクチンに期待を託して

新型コロナパンデミックが始まり、これほどまでに恐ろしいウイルスと共生しないといけないという現実が何か悪夢の中の出来事のようで、非現実的でフワフワとした感覚の中で日々の仕事をこなしています。 ワクチンが人類を救えるのか? パンデミックが始まった時、ワクチンがこれほどまでに早く実現可能になるとは思わず 5年程度こういう異様な世界を耐えねばならないのだろうと思っていました。 でも1年も経たぬ内にワクチン

新型コロナワクチン個別接種開始

当院でも5月25日から1日12名から18名の(6の倍数です)新型コロナワクチン予防接種を始めました。 65歳以上の方ですが、当院ではなるだけご高齢の方から予約をお取りしているため 90歳台の方から開始で本日は80歳台前半になりました。 ワクチンは小さなバイアルでそこに生理食塩水を1.8cc入れて溶解し 0.3ccずつ6人分をシリンジにとります。 注射針はインフルエンザワクチン皮下注射で使われるよう

ワクチン2回目接種の副反応は油断ならず

さくら内科、銀座通りクリニックの職員が続々とワクチン接種を受けさせていただきました。さくら内科では職員はほとんどが全員終了しました。 私が知りうる限り20名程度の20歳台から50歳台半ばまでの職員のワクチン接種状況をご報告します。 20歳台2名、30歳台2名、40歳台が8名、50歳台8名の内訳です。 1回目接種時に発熱や関節痛があったのは40歳台女性1名のみ。 2回目接種時は50歳代の私、もう1人