検索
  • 尾柳知佐子

訪問診療が必要な方が増えています

クリニック開業時、勤務医から開業医になる理由は色々でした。

正直なところ、当直業務に限界を感じた・・というのが一番だったかなと思います。

医者の当直は翌日は休める訳ではないので、たまたま急患患者さんが大勢来られたらほぼ眠れず、翌日も業務は普通に行います。

なので若いうちは数日で体調は元に戻ったのですが

40歳を過ぎて1週間経っても体調が戻らないなんて事が出てくるようになりました。

ただ当直がない勤務医という選択肢もあったので、敢えて開業医を選んだ理由は

神経内科医としてもうちょっと患者さんを診療したいという気持ちがあったからのように記憶しています。

どういうことかと言いますと、神経内科医が診療する患者様は体が不自由になられる事が多いのです。

そうすると通院がままならなくなってくる方が増えてきます。

その時に勤務医として訪問診療をしている総合病院というのはほとんどないので

地元の先生方にお願いして患者さんのその後をゆだねることになります。

そこが何とも悲しく感じるようになっていました。


どの患者さんの事も忘れることはできませんが、

私が自分のおばあちゃんのように慕っていた患者さんがいました。

残念ながらその方は数年前に亡くなりましたが、

滋賀県の総合病院に勤務を始めた第一号の主治医を務めた患者さんで、

本当に私の事を信頼して下さるものすごく懐の大きい方でした。

ちょうどその方が別の科に入院されていた時、病室を訪問して

その方に「〇〇さん、私ねここの病院をやめるんです。」と伝えた時に物凄く悲しい顔をして「先生、京都に帰らはるんか?」と。

私が「ううん、私、このすぐ近くで開業することにしたの。だから〇〇さんが病院に通いにくくなったら私往診しますからね」と伝えると

そのおばあちゃんは泣いて「先生、そうか、、守山の人になってくれはるんか。嬉しいわ。」と。

そして私が開業したその日に花を持って、物凄く腰痛がひどかったのにタクシーで駆けつけてくださったんです。


私の開業医人生はその方の往診とともにありました。

お身体が不自由で外出がままならないので、その方が昔東京に出かけた話。京都の美味しいお店の話。昔の話。それはそれはいろんな話をその方のおたくでさせていただきました。

きっと私は自分の祖母よりもその患者さんと話をした時間は長かったんじゃないかな?と

いうほどです。

亡くなられた時は悲しかったです。もっともっと長生きして欲しかった。


私にとって訪問診療はそんな位置付けです。

高齢化社会に伴い、通院が難しくなる方も増えています。

独居の方が通院するとは中々大変なことなんです。

その私の主治医第1号の患者さんは私のおばあちゃんだった訳ですが

今でも私の別のおばあちゃん、おじいちゃん、お姉さん、お母さん、お父さん、お兄さん、友達、年下の兄弟、子供のような存在がたくさんいます。


訪問診療はそんな大切な家族に会いに行く、そんな時間です。

なるだけ患者さんが安心できるように、苦痛がないように。できるだけ患者さんが幸せに

過ごせるように。

むしろ私が患者さんからいっぱい幸せをもらって生きているような気がします。





48回の閲覧

最新記事

すべて表示

滋賀県コロナ体制が史上最悪の愚策である件

11月から発熱患者は診療所でまず対応して、診療所レベルで抗原検査を行うことになりました。 しかし、この抗原検査なるものは曲者で非常に飛沫が出やすいため それに手をあげる診療所がいるわけではなく、(院内で施行できないばかりか、それをする際の補償も担保されていません) 守山については公表は許されていませんが、検査をする診療所はほとんどないに等しい状況です。 にもかかわらず、行政は完全に手を引きました。

滋賀県の今後

現在の滋賀県の体制は、数十名の手を上げて下ったコロナ抗原検査を診療所でやるといった数十カ所と検査センターでの抗原検査で賄おうというプランです。 風邪をひいたらまず近くのクリニックに電話。 そこがなるだけ発熱を見る。 そして検査が必要なら検査ができる場所をこちらから連絡を取りOKが取れれば ご紹介するという流れです。 まず近くのクリニックに電話した時点で断られている患者様が結構多いんですよね。発熱は

お問合せ電話

予約・お問い合わせ

077-582-6577

 
コロナホットライン

​感冒・発熱

ホットライン

077-535-0312

 

電話診療を行っております。お気軽にお問合せください。

 

​オンライン診療を6月1日より開始。再診の方のみ。詳しくは受付まで。

 
オンライン診療