top of page

訪問診療が必要な方が増えています

クリニック開業時、勤務医から開業医になる理由は色々でした。

正直なところ、当直業務に限界を感じた・・というのが一番だったかなと思います。

医者の当直は翌日は休める訳ではないので、たまたま急患患者さんが大勢来られたらほぼ眠れず、翌日も業務は普通に行います。

なので若いうちは数日で体調は元に戻ったのですが

40歳を過ぎて1週間経っても体調が戻らないなんて事が出てくるようになりました。

ただ当直がない勤務医という選択肢もあったので、敢えて開業医を選んだ理由は

神経内科医としてもうちょっと患者さんを診療したいという気持ちがあったからのように記憶しています。

どういうことかと言いますと、神経内科医が診療する患者様は体が不自由になられる事が多いのです。

そうすると通院がままならなくなってくる方が増えてきます。

その時に勤務医として訪問診療をしている総合病院というのはほとんどないので

地元の先生方にお願いして患者さんのその後をゆだねることになります。

そこが何とも悲しく感じるようになっていました。


どの患者さんの事も忘れることはできませんが、

私が自分のおばあちゃんのように慕っていた患者さんがいました。

残念ながらその方は数年前に亡くなりましたが、

滋賀県の総合病院に勤務を始めた第一号の主治医を務めた患者さんで、

本当に私の事を信頼して下さるものすごく懐の大きい方でした。

ちょうどその方が別の科に入院されていた時、病室を訪問して

その方に「〇〇さん、私ねここの病院をやめるんです。」と伝えた時に物凄く悲しい顔をして「先生、京都に帰らはるんか?」と。

私が「ううん、私、このすぐ近くで開業することにしたの。だから〇〇さんが病院に通いにくくなったら私往診しますからね」と伝えると

そのおばあちゃんは泣いて「先生、そうか、、守山の人になってくれはるんか。嬉しいわ。」と。

そして私が開業したその日に花を持って、物凄く腰痛がひどかったのにタクシーで駆けつけてくださったんです。


私の開業医人生はその方の往診とともにありました。

お身体が不自由で外出がままならないので、その方が昔東京に出かけた話。京都の美味しいお店の話。昔の話。それはそれはいろんな話をその方のおたくでさせていただきました。

きっと私は自分の祖母よりもその患者さんと話をした時間は長かったんじゃないかな?と

いうほどです。

亡くなられた時は悲しかったです。もっともっと長生きして欲しかった。


私にとって訪問診療はそんな位置付けです。

高齢化社会に伴い、通院が難しくなる方も増えています。

独居の方が通院するとは中々大変なことなんです。

その私の主治医第1号の患者さんは私のおばあちゃんだった訳ですが

今でも私の別のおばあちゃん、おじいちゃん、お姉さん、お母さん、お父さん、お兄さん、友達、年下の兄弟、子供のような存在がたくさんいます。


訪問診療はそんな大切な家族に会いに行く、そんな時間です。

なるだけ患者さんが安心できるように、苦痛がないように。できるだけ患者さんが幸せに

過ごせるように。

むしろ私が患者さんからいっぱい幸せをもらって生きているような気がします。





閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病の方が安楽死を選択されたというニュースが

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6507442 ネットを見ていて上記の記事を見つけました。 パーキンソン病の女性がスイスで安楽死を選択されたとのこと。 どう表現していいのかわからないような胸が苦しくなるような そしてその女性の心に私の思いを馳せようとしてもそこにはどうやっても届かないような そんな気持ちになりました。 私は脳神経内科医として30年以上過ごしてきました

令和6年1月初旬の発熱外来の状況

昨年の令和5年1月1日に発熱外来をさせていただいた時には、わずか3時間程度で40名近い患者さんから連絡があり、ほぼ全ての人が新型コロナに感染しておられました。 今年は新型コロナ感染症への警戒感も徐々に薄れて来られ、重症化する方も数年前と比較すると減少したこともあり発熱外来を年末年始にオープンすることなく6日間のお休みをいただきました。 そして1月4日から通常外来を始めさせていただき、3日間の診察を

令和5年12月で~~発熱の方がどんどん増えてきています

11月中旬頃までは新型コロナの新規感染者は数日に1件から2件ある程度であったのが、11月末からまた増加傾向です。 インフルエンザは8月ころから増え始め未だ減少の気配がなく毎日のようにA型の方が多く来られます。 インフルエンザA型は学生さんの間で流行しており、その親御さんが一緒に感染されるという感じで、ご高齢の方でインフルエンザの方は少ないように思います。 ただコロナ感染は確実に増加傾向。今回はさす

Comments


new07 (1).gif
bottom of page