検索
  • 尾柳知佐子

自粛解除について思う事

一時期1日に数百人単位で感染者が報告されていた頃を思い出すと、やっぱり身体中がぎゅっと緊張して悲しい思いで過ごしていたな・・と。

今でも亡くなられた方が報告されるとやっぱり辛いです。

他の病気で亡くなられている方はたくさんおられますし、このコロナも人間が受け入れざるを得ない病だろうからコロナだけを特別視するこの感情をコントロールせねば・・と思うのですが・・・。


それくらいコロナとは怖い病です。

先日患者様に「それほどコロナは特別ですか?」とご質問をされました。

その時に改めて感じたのですが

例えば様々な不治の病の終末像で多臓器不全という状態がありますが

その状態に僅か1週間程度でなってしまいうる病気だというご説明させていただきました。

30年近く医者をしてきましたが、

このように人が死に行くという事をそうそう経験した事がなく

本当に恐ろしき病だと思います。


経済死という言葉があります。

貧困すぎても人は死んでしまいます。

自死も問題です。

私は幼い頃両親は飲食の商売をしていました。私も現在クリニックの経営をしています。

外出抑制・受診抑制などで経営状態が逼迫してしまう事はよくよくわかっているつもりです。

それでもやはり感染を広げるような行為は避けて欲しいと願います。

絶対ではないけれどなるだけ正しく恐れて経済活動を再開させて欲しい。

感染防御を徹底して生活していただきたいと思います。

面倒くさくても、非効率的であっても「感染しないように」生活する事が最優先

と思っています。

そのためには経済活動にはきっちりと一線を引くべきです。

容認できない行為には「No」という強い心を。


この秋・冬が日本人にとっては最大の山場と思います。

そこをいかに乗り切り、コロナ死をできるだけ少なくし、そして同時に他の病気へのケアもベストを尽くせる医療体制をこの夏にしっかり整える事が

医療従事者の責務と感じています。


そのためにPPEを揃え、診療体制をどのようにして行くのか考えています。


朝の来ない夜はありません。

きっと光は見えてきます。

今しばらくはマスク生活のソーシャルディスタンスで行きましょう。




73回の閲覧

最新記事

すべて表示

滋賀県へのご質問

ご無沙汰しております。 新型コロナと折り合いをつけた生活に皆様ももう仕方がないな・・と諦めモードで受け入れておられる感じがします。 さて今後の秋・冬に向けて検査体制が国で提示されました。 滋賀県でも三日月知事がかかりつけ医での診療を骨子とした方針を会見でお話しされていました。 ぼやぼやしていたら、インフルエンザだってあっという間に流行しますので とにかくクリニックとしてどのような体制で臨むのか決定

どんどん増えるコロナ患者

自粛解除からあっと言う間にコロナ感染者数が夏にもかかわらず増えています。 新型コロナとはなんて言うウイルスだろう・・と思います。 やっぱりヒトにとって免疫のない初めてのウイルスであるため 夏だから感染力を弱めると言うことはないようです。 いえ、むしろ感染力は上がっていそうです。 感染力を上げるようにウイルスは突起部分を増やし変異を遂げているようです。 だから数ヶ月前より感染力が上がっている可能性大

滋賀県でのPCR検査、抗原検査拡充の動き

これから社会生活での接触機会が増えれば当然ウイルスは増殖していきます 特に今年秋・冬は私達が腹を決めてこのウイルスと賢く戦う時期だと思っています。 滋賀県では元来検査体制が盤石とは言い難く、1日に処理できる人数も限界がありました。 なので今後増えてくるであろうコロナ患者様に対応できるように 検査体制を県内に4箇所設置し、スムースに回していこうという取り組みです。 私は守山・野洲医師会に所属していま

お問合せ電話

予約・お問い合わせ

077-582-6577

 
コロナホットライン

​感冒・発熱

ホットライン

077-535-0312

 

電話診療を行っております。お気軽にお問合せください。

 
オンライン診療

​オンライン診療を6月1日より開始。再診の方のみ。詳しくは受付まで。