検索
  • 尾柳知佐子

滋賀県の今後

現在の滋賀県の体制は、数十名の手を上げて下ったコロナ抗原検査を診療所でやるといった数十カ所と検査センターでの抗原検査で賄おうというプランです。


風邪をひいたらまず近くのクリニックに電話。

そこがなるだけ発熱を見る。

そして検査が必要なら検査ができる場所をこちらから連絡を取りOKが取れれば

ご紹介するという流れです。


まず近くのクリニックに電話した時点で断られている患者様が結構多いんですよね。発熱は見ませんと言われる方がいらっしゃいます。(滋賀県の思惑がすでにここで外れている)

そしてやっと発熱外来などで来院されたとしても、どんな風邪症状の人にも検査を施行していたら、検査センター始め検査をするといって下さっている先生方はパンクしてしまいますから、中々簡単には回せません。連絡をとったとしても数が増えればキャパを超えるので

今日は無理ですなんて事になります。結局迅速にインフルとコロナを確かめたいとは言ってもそこに至るのに数日待つなんて事も起こりうるわけですよね。


滋賀県にも進言させていただきましたが、現場の医師の意見はスルーです。


そんな中先日武村議員のお計らいで宮本市長さんに今後のコロナ対応についてお話をさせていただく場を持たせていただきました。


宮本市長さんは非常に人の話をどんどん吸収して聞いて下さって、より良い対策にするにはどうしたらいいのかをとにかく前進しようしてくださる方でした。


11月1日からは一応県の決めたやりかたで走り出すけれども、臨機応変に守山市として

対策を取ることも躊躇せずにやって行きたいというお話を伺い、守山市民として

コロナ対策が非常に身近なものに感じることができました。


本来でしたら三日月さんが、もってもっと情報を収集し、現状滋賀県の有様を受け止め

改善しないといけない立場の方だとは思いますが・・・・。

長たるもののリーダーシップを見せていただきたいですね。

私が知らないだけなんでしょうかね。今のところ私には中学生の研究発表みたいな感じにしか見えません。


39回の閲覧

最新記事

すべて表示

滋賀県コロナ体制が史上最悪の愚策である件

11月から発熱患者は診療所でまず対応して、診療所レベルで抗原検査を行うことになりました。 しかし、この抗原検査なるものは曲者で非常に飛沫が出やすいため それに手をあげる診療所がいるわけではなく、(院内で施行できないばかりか、それをする際の補償も担保されていません) 守山については公表は許されていませんが、検査をする診療所はほとんどないに等しい状況です。 にもかかわらず、行政は完全に手を引きました。

滋賀県へのご質問

ご無沙汰しております。 新型コロナと折り合いをつけた生活に皆様ももう仕方がないな・・と諦めモードで受け入れておられる感じがします。 さて今後の秋・冬に向けて検査体制が国で提示されました。 滋賀県でも三日月知事がかかりつけ医での診療を骨子とした方針を会見でお話しされていました。 ぼやぼやしていたら、インフルエンザだってあっという間に流行しますので とにかくクリニックとしてどのような体制で臨むのか決定

お問合せ電話

予約・お問い合わせ

077-582-6577

 
コロナホットライン

​感冒・発熱

ホットライン

077-535-0312

 

電話診療を行っております。お気軽にお問合せください。

 

​オンライン診療を6月1日より開始。再診の方のみ。詳しくは受付まで。

 
オンライン診療