検索
  • 尾柳知佐子

滋賀県の不安な今後





以上が9月25日に県から送られてきました私の質問状に対する回答です。

具体性はなくほぼ全て、考えていく・対処する・決定して参りたいという国会答弁質疑のようなものでした。


まあ県はこの時に県内開業医にアンケートをとっていて、それがまとまり次第具体的対策を考えようとでも思っていたのかもしれません。


9月末になり医師会より開業医コロナ体制について参加できるかどうかの書類が届きました。

内容については、具体的な経済支援・PPE支援・患者移送の問題などの記載はなく

とにかくどういう形態で参加できるのか?

但し参加するのであれば、完全な感染防備はするべきであるとは明記されておりました。


滋賀県のコロナ体制は『脆弱』そのものです。

患者数が少ない事が不幸中の幸いで今までそれほどのパニックにならずに来れました。

しかし今後その保証はありません。

にもかかわらず、県はこの数ヶ月間対策を講じようともせず

国から降りてきた草案をそのまま滋賀県に当てはめて具体性も記さず

検査数のみを確保しようとする暴挙に出ています。


大津では唾液PCRの検査であれば約60名の先生方(開業医)が手を挙げてくださっていましたが、国の案である抗原検査になってリスクが非常に高いため3分の1に減少しました。

大津では700を確保ということですが、診療所で一日30検体の抗原検査の採取など不可能です。

総合病院ですら、発熱の新患患者さんの診察・抗原検査は10名をはるかに下回ります。


考えてみたらわかることです。

しかし医師会始め県も具体的な次のプランを持っていません。


一体どうするのでしょう。


互いに議論をし、助け合い、具体的支援を提示し決めて行く事ではないんでしょうか?


一体全体滋賀県はどうなっているんでしょう。


120回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

滋賀県コロナ体制が史上最悪の愚策である件

11月から発熱患者は診療所でまず対応して、診療所レベルで抗原検査を行うことになりました。 しかし、この抗原検査なるものは曲者で非常に飛沫が出やすいため それに手をあげる診療所がいるわけではなく、(院内で施行できないばかりか、それをする際の補償も担保されていません) 守山については公表は許されていませんが、検査をする診療所はほとんどないに等しい状況です。 にもかかわらず、行政は完全に手を引きました。

滋賀県の今後

現在の滋賀県の体制は、数十名の手を上げて下ったコロナ抗原検査を診療所でやるといった数十カ所と検査センターでの抗原検査で賄おうというプランです。 風邪をひいたらまず近くのクリニックに電話。 そこがなるだけ発熱を見る。 そして検査が必要なら検査ができる場所をこちらから連絡を取りOKが取れれば ご紹介するという流れです。 まず近くのクリニックに電話した時点で断られている患者様が結構多いんですよね。発熱は

滋賀県へのご質問

ご無沙汰しております。 新型コロナと折り合いをつけた生活に皆様ももう仕方がないな・・と諦めモードで受け入れておられる感じがします。 さて今後の秋・冬に向けて検査体制が国で提示されました。 滋賀県でも三日月知事がかかりつけ医での診療を骨子とした方針を会見でお話しされていました。 ぼやぼやしていたら、インフルエンザだってあっという間に流行しますので とにかくクリニックとしてどのような体制で臨むのか決定

お問合せ電話

予約・お問い合わせ

077-582-6577

 
コロナホットライン

​感冒・発熱

ホットライン

077-535-0312

 

電話診療を行っております。お気軽にお問合せください。

 

​オンライン診療を6月1日より開始。再診の方のみ。詳しくは受付まで。

 
オンライン診療