検索
  • 尾柳知佐子

滋賀県でのPCR検査、抗原検査拡充の動き

これから社会生活での接触機会が増えれば当然ウイルスは増殖していきます

特に今年秋・冬は私達が腹を決めてこのウイルスと賢く戦う時期だと思っています。


滋賀県では元来検査体制が盤石とは言い難く、1日に処理できる人数も限界がありました。

なので今後増えてくるであろうコロナ患者様に対応できるように

検査体制を県内に4箇所設置し、スムースに回していこうという取り組みです。


私は守山・野洲医師会に所属していますので、当院で疑いのある患者様がいらっしゃれば

県立総合病院内の検査所、あるいは接触者外来に連絡してその後の検査等を進めていただくことになるようです。


検査を行い陽性であれば入院あるいは宿泊者施設での隔離という事になるんでしょうが

私が一番大切だと考えているのが、検査をいくらたくさんやったところで

その受け入れ先がないのであれば単にパニックを起こしてしまうだけなのでそこは大丈夫なのか?と。


どこの病院も率先してコロナ感染を取り扱いたい所はないでしょう。

院内感染のリスクが増える。通常業務の縮小化で病院経営は赤字になる。

ただこう言う時に一線に立たねばならないのは公立病院だと思っています。

県内にある公立病院がどれほどそこを理解して下さっているのか、いくら長がそれを理解していてもそれをトップダウンで指揮が取れないのならば、その病院の存在意義はないと

思っています。

職員の反対にあい、コロナ感染受け入れに非常に消極的であると言う事をどれほど確かかどうかは置いておいて耳にしました。

残念です。

「わずかな危険手当でどうして私達がそのリスクを負わなければいけないのか?」

そんな言葉が現場ではあるのでしょうか?


私立病院は倒産の危機に瀕しています。

公立病院に勤務すると決めたならば、そこは腹をくくって全うして欲しいです。


そうでなければ私達開業医・私立病院の医療従事者がどうやって全面的にサポート体制が取れるでしょうか。


滋賀県の公立病院の勤務者達の考え方の改革をまずは三日月知事はするべきではないでしょうか。

83回の閲覧

最新記事

すべて表示

滋賀県コロナ体制が史上最悪の愚策である件

11月から発熱患者は診療所でまず対応して、診療所レベルで抗原検査を行うことになりました。 しかし、この抗原検査なるものは曲者で非常に飛沫が出やすいため それに手をあげる診療所がいるわけではなく、(院内で施行できないばかりか、それをする際の補償も担保されていません) 守山については公表は許されていませんが、検査をする診療所はほとんどないに等しい状況です。 にもかかわらず、行政は完全に手を引きました。

滋賀県の今後

現在の滋賀県の体制は、数十名の手を上げて下ったコロナ抗原検査を診療所でやるといった数十カ所と検査センターでの抗原検査で賄おうというプランです。 風邪をひいたらまず近くのクリニックに電話。 そこがなるだけ発熱を見る。 そして検査が必要なら検査ができる場所をこちらから連絡を取りOKが取れれば ご紹介するという流れです。 まず近くのクリニックに電話した時点で断られている患者様が結構多いんですよね。発熱は

お問合せ電話

予約・お問い合わせ

077-582-6577

 
コロナホットライン

​感冒・発熱

ホットライン

077-535-0312

 

電話診療を行っております。お気軽にお問合せください。

 

​オンライン診療を6月1日より開始。再診の方のみ。詳しくは受付まで。

 
オンライン診療