滋賀県でのPCR検査、抗原検査拡充の動き

これから社会生活での接触機会が増えれば当然ウイルスは増殖していきます

特に今年秋・冬は私達が腹を決めてこのウイルスと賢く戦う時期だと思っています。


滋賀県では元来検査体制が盤石とは言い難く、1日に処理できる人数も限界がありました。

なので今後増えてくるであろうコロナ患者様に対応できるように

検査体制を県内に4箇所設置し、スムースに回していこうという取り組みです。


私は守山・野洲医師会に所属していますので、当院で疑いのある患者様がいらっしゃれば

県立総合病院内の検査所、あるいは接触者外来に連絡してその後の検査等を進めていただくことになるようです。


検査を行い陽性であれば入院あるいは宿泊者施設での隔離という事になるんでしょうが

私が一番大切だと考えているのが、検査をいくらたくさんやったところで

その受け入れ先がないのであれば単にパニックを起こしてしまうだけなのでそこは大丈夫なのか?と。


どこの病院も率先してコロナ感染を取り扱いたい所はないでしょう。

院内感染のリスクが増える。通常業務の縮小化で病院経営は赤字になる。

ただこう言う時に一線に立たねばならないのは公立病院だと思っています。

県内にある公立病院がどれほどそこを理解して下さっているのか、いくら長がそれを理解していてもそれをトップダウンで指揮が取れないのならば、その病院の存在意義はないと

思っています。

職員の反対にあい、コロナ感染受け入れに非常に消極的であると言う事をどれほど確かかどうかは置いておいて耳にしました。

残念です。

「わずかな危険手当でどうして私達がそのリスクを負わなければいけないのか?」

そんな言葉が現場ではあるのでしょうか?


私立病院は倒産の危機に瀕しています。

公立病院に勤務すると決めたならば、そこは腹をくくって全うして欲しいです。


そうでなければ私達開業医・私立病院の医療従事者がどうやって全面的にサポート体制が取れるでしょうか。


滋賀県の公立病院の勤務者達の考え方の改革をまずは三日月知事はするべきではないでしょうか。

88回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

市民体育館でのコロナワクチン予防接種のお手伝いに・・

今日はわたくしはワクチンをうつ担当ではなくて、問診担当で伺いました。 広々とした体育館に十分スペースを空けてソーシャルディスタンスを心がけて 行っておられました。 市役所の方々が奮闘されておりました。 さてさて、一体どういった方々が来られのかと言いますと圧倒的に65歳から70代前半の まだまだお元気で、スマホも使いこなせそうな方ばかりでした。 ネット予約で瞬殺で取れたんだろうなー・・・と予想される

コロナワクチン接種(ファイザー)後3日目

金曜日の午後に左腕の三角筋にコロナワクチンの1回目を接種していただきました。 昨日の昼くらいがマックスに痛くて腕を上げる時にちょっと痛いなー程度でしたが 3日目の今日はもうほとんど痛みが消えてかかっています。 発熱・食欲減退などなしです。 局所の腫れも昨日は確かにありましたが今日はもう和らいでいる感じです。 アストラゼネカでの比較的若い女性に発症したワクチン接種後の静脈血栓による死亡例があるだけに