top of page

決して軽症な風邪ではありません

軽症であるという言葉が一人歩きしてしまった「オミクロン」

もちろん医療従事者もその言葉に期待を寄せました。

こんな世の中が続いていることの非現実感が未だに拭えませんから。


でもイスラエル・イギリス・アメリカなどの例から

デルタ株に比べると感染力は3〜5倍、しかし入院率・重症化率・致死率などは

3〜4分の1程度ということでした。

結局たくさんの方がかかったらいくら重症化率が低いとは言え

普通の風邪とは全く違った確率で亡くなるのだから、流行してしまえば

医療崩壊はあっという間にしてしまうとは危惧されていました。


で実際今の日本の状況はどうでしょうか。

つい数週間ほど前は若年層で拡大しました。

確かに彼らはインフルエンザのような症状の方が多く、咳が残る方も結構おられました。

若者ですら通常の風邪やらインフルエンザを長年診てきた開業医にとって

オミクロンは「普通の風邪」ではありませんでした。


そしてここ1週間程度で急激に高齢者に広がりを見せています。

その広がりは物凄いと言っていいでしょう。

今まで私が担当する患者さんがリアルタイムに感染し入院しなければいけないという事はデルタ株までは稀でした。

ところがオミクロン流行になり、わたくしの院内でおこなっている抗原検査やPCR検査での陽性率は明らかに増えました。

そして高齢者の方々がコロナ陽性になったという連絡がたくさん入るようになりました。

施設入所者であったり、家庭内感染であったり、経路不明で自宅で倒れられて救急搬送になったり・・

一開業医の私が知るだけでもデルタの時とは比べ物にならないくらい増えていることを鑑みますと

今後犠牲となる方が増えるのではないか?

高齢者施設での陽性者もすぐに入院になる事なく施設内で過ごしておられたり

医療は明らかに逼迫しています。

今までの感染対策では明らかにすり抜ける形で感染が起こっています。


ウイルス排出量ピークがデルタ株では発症前でしたが

オミクロンでは発症後しばらくしてからというデータがあります。

当院でも明らかにオミクロンと考えられる接触歴などがありながら抗原陰性・PCR陰性の方もおられます。

数日してから陽性となる例も多く報告されており

抗原が1度マイナスだからと、自分はOKだと思い人と会ったりしないようにすることが大切かと思われます。

デルタ株よりは有症状者が他者に感染させているオミクロンですので

より自覚を持って、喉が痛いなどの軽微な風邪症状であってもマスクを外して周りの方と接触しないように気をつけるべき時だと思います。


3回目のワクチン接種で

重症化抑制率は非常に上がることが数々の論文で報告されております。

2回で終わると思っていたのに・・・。3回目なんて嫌だと思われる方もいるでしょう。

一体何度打たないといけないんだと怒っておられる方もいるかもしれません。

でも未知のウイルスが色々な形を変えて向かってくる以上

絶対真理など今の所はなく、怒ってみたところで自分には何の得もなく

そしてその対策をしてきた誰かが悪かったということにもならないと思います。

誰も悪くありません。

未知のウイルスが形を変えてやってきて、それに対していかに処するのか

柔軟に対応することが私たちにできる事であって

誰か(例えば政府)を槍玉にあげて、非難してご自分の体を危険に晒すことはあまりにも悲しい行為と思っています。

唯一私が腹立たしいなと思うことは

知事を初め、情報発信を正しくせねばならない人たちが

正しい情報をきっちりキャッチしていないと感じることが多い。

日本語になった論文などに目を通し、科学的にどう処するのが経済的にもそして人命にもダメージが少ないのか

ワンサイドではなく、もっとサイエンティフィックに判断できる叡智を備えていただきたいと願います。

この形を変えてくるウイルスに対して、サイエンスを舐める気持ちを持って処せれば

大変なことになるかもしれないという危機感がちゃんんと持てる方でないと

知事などをするべきではありません。


学歴などではありません。今何が起こっていて、今刻々と報告されている事象をどれだけ掌握できるのか、自分にその能力がないのであれば、それができる本当に信頼できるブレインを傍に置くべきでしょう。

論文を読まないブレインは今の世の中にはいりません。




閲覧数:416回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン病の方が安楽死を選択されたというニュースが

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6507442 ネットを見ていて上記の記事を見つけました。 パーキンソン病の女性がスイスで安楽死を選択されたとのこと。 どう表現していいのかわからないような胸が苦しくなるような そしてその女性の心に私の思いを馳せようとしてもそこにはどうやっても届かないような そんな気持ちになりました。 私は脳神経内科医として30年以上過ごしてきました

令和6年1月初旬の発熱外来の状況

昨年の令和5年1月1日に発熱外来をさせていただいた時には、わずか3時間程度で40名近い患者さんから連絡があり、ほぼ全ての人が新型コロナに感染しておられました。 今年は新型コロナ感染症への警戒感も徐々に薄れて来られ、重症化する方も数年前と比較すると減少したこともあり発熱外来を年末年始にオープンすることなく6日間のお休みをいただきました。 そして1月4日から通常外来を始めさせていただき、3日間の診察を

令和5年12月で~~発熱の方がどんどん増えてきています

11月中旬頃までは新型コロナの新規感染者は数日に1件から2件ある程度であったのが、11月末からまた増加傾向です。 インフルエンザは8月ころから増え始め未だ減少の気配がなく毎日のようにA型の方が多く来られます。 インフルエンザA型は学生さんの間で流行しており、その親御さんが一緒に感染されるという感じで、ご高齢の方でインフルエンザの方は少ないように思います。 ただコロナ感染は確実に増加傾向。今回はさす

Comments


new07 (1).gif
bottom of page