新型コロナワクチン個別接種開始

当院でも5月25日から1日12名から18名の(6の倍数です)新型コロナワクチン予防接種を始めました。

65歳以上の方ですが、当院ではなるだけご高齢の方から予約をお取りしているため

90歳台の方から開始で本日は80歳台前半になりました。

ワクチンは小さなバイアルでそこに生理食塩水を1.8cc入れて溶解し

0.3ccずつ6人分をシリンジにとります。

注射針はインフルエンザワクチン皮下注射で使われるような細くて短い針とは違い

かなり長く太さも少し太めです。

それを腕をだらんとおろしていただき、力を抜いていただき適確な位置に真っ直ぐ最後まで挿入し注入します。

痩せた高齢女性であれば上腕骨に当たりますので、そこから少し抜いて確実に筋肉内に注入します。

逆に比較的皮下脂肪の多い方の場合は筋肉内に確実に入れるために

皮膚を横に引っ張って伸ばしとにかく奥まで注射針を挿入します。

痛みは刺入時の痛みだけで注入はほぼ1秒程度で終わり、痛みもほとんどないようです。

そして注射が終わった後はその部位は揉まずに少し上から押さえていただくだけです。

特に血液がサラサラになる薬を内服している方では

挿入して中の方で細い血管が傷ついた場合に筋肉内に血液が出てしまう事があるため

3分程度上から指で押さえていただきます(筋肉内の出血は自然に吸収されますので例え起こったとしても心配ありません)


守山市は宮本市長さん始め市役所の方々のご尽力にて、非常にスムースに接種が進んでおります。

何より体育館で毎日200名前後の患者様の集団接種が行われております。

毎日7名の医師がお手伝いに行き、効率よく接種できております。

5月末からは個別接種も始まり、守山市は全国でもかなりトップレベルの接種状況かと思われます。


早々に65歳未満のハイリスク群の方々に接種を始められるのではないかと思っております。

問題は予約をどうするのかです。

とにかくお電話でのお問い合わせがあると通常診療業務がストップしてしまいますので

当院でもネットでの予約システムを導入しようと思っています。

問題は2回の接種予約を同時に3週の間隔を空けてとっていただく事の徹底で

それをどうお伝えして、どうこちらで管理するのか

試行錯誤ですが何とか良い方法を探します。