top of page

新型コロナが5類になって

5月から新型コロナの扱いが5類になりました。

クリニックでの発熱の患者様への対応は変わりません。

やはりまだまだよくわからない感染症であるため、互いにうつしあうことはできるだけ避けていきたいと考えています。


感染者数についてですが、

定点把握と言いまして、特定の病院や診療所での感染者数を1週ごとに発表するもので

おそらくほとんどの方は感染者が増えているのかどうかあまりわからない状態でお暮らしだと思います。

実際に私達が生きていくためには、「安全に」はもちろんですが経済的にも活動しなくてはいけません。

そのためには5類への移行、生活をできる限り以前の状態に戻すということは必須でしょう。

ただ一人一人が今しばらくはコロナ感染の記憶を無くさずに、少し周りへのアンテナをたて

敢えて感染しにいくという行為は避ける・・・つまり感染防御は適宜行うことは大切だと思っています。


わたくし個人で言いますと、クリニックではもちろんですが

人と会話する時にはやはりマスク装着はしています。

いつまでか?と言われると、とりあえずコロナ感染の全貌がある程度わかり

後遺障害のことについてもある程度把握でき

その対処方法が今よりは確立されたものとなるまでは・・・と考えています。


患者様にお伝えしているのは、周りで咳などをしている人がいたらマスクをしたり

そこから少し離れたりしてちょっとした注意だけをお願いしています。

それでも感染したら、、それは本当にしょうがないことだと思います。

生きていくためには色々なものにさらされますから、新型コロナだけではなく危険なものは世の中にたくさんありますから。


最近は明らかにコロナの方は増えています。

今の所まだ軽症患者様のみです。

ご高齢の方についても今の所風邪症状程度の方がほとんどです。

ただワクチン未接種の方や随分前に接種を終えておられるような方(特に若い年代の方)は一応軽症のくくりですが非常に高い熱が続いたり、咽頭痛がひどすぎて飲水すらできないという方がおられたりします。

インフルエンザと同等とはまだ言えない顔を持ったウイルスだと実感します。

又後遺障害についてのご相談も増えてきました。

頭がぼーっとする、座ったり立ったりの姿勢維持ができない、めまいがする、息苦しいなどそれが長期に渡り続く人も少数ですがいらっしゃいます。


上手に今を生きるためには

新型コロナの存在を無視するのではなく、とは言え恐れすぎず、存在をある程度意識しながら日々の生活を送ること、、ではないかな?と

考えています。




閲覧数:110回0件のコメント

最新記事

すべて表示

令和6年1月初旬の発熱外来の状況

昨年の令和5年1月1日に発熱外来をさせていただいた時には、わずか3時間程度で40名近い患者さんから連絡があり、ほぼ全ての人が新型コロナに感染しておられました。 今年は新型コロナ感染症への警戒感も徐々に薄れて来られ、重症化する方も数年前と比較すると減少したこともあり発熱外来を年末年始にオープンすることなく6日間のお休みをいただきました。 そして1月4日から通常外来を始めさせていただき、3日間の診察を

令和5年12月で~~発熱の方がどんどん増えてきています

11月中旬頃までは新型コロナの新規感染者は数日に1件から2件ある程度であったのが、11月末からまた増加傾向です。 インフルエンザは8月ころから増え始め未だ減少の気配がなく毎日のようにA型の方が多く来られます。 インフルエンザA型は学生さんの間で流行しており、その親御さんが一緒に感染されるという感じで、ご高齢の方でインフルエンザの方は少ないように思います。 ただコロナ感染は確実に増加傾向。今回はさす

糖尿病薬のあやまった使用法

最近どんどん認可されている糖尿病薬で、体重を落としながら血糖を下げていくものが ネットなどでも話題になっています。 アメリカでは肥満の治療にも使われたりするので 確かに糖尿病じゃない人に使うのが絶対に危険というわけではないのです。 ただ日本ではまだ糖尿病患者様にしか認可されていませんし そもそもアメリカの高度肥満と日本人の考える肥満とは次元が違う話です。 でも女性の「痩せたい!!」願望につけ込んだ

new07 (1).gif
bottom of page