感冒・発熱ホットラインを設けて

コロナ以前には考えもしなかった別枠での風邪患者さんの診療です。

ただ注意が必要なのは、全ての人に感染の可能性があるという事。

これを忘れると感染は広がります。

全ての人が自分が、相手が感染者かもしれないと思い行動する事が絶対必要なことです。


以上から全ての患者さん、スタッフは感染者かもしれないという考えに基づき

当院では診療に当たっております。

換気の徹底、フィジカルディスタンスの徹底、頻繁な消毒を心がけています。


ただ発熱や咳など飛沫が生じる可能性が高い方は別枠で電話回線を設けて

対応しております。

診察も定期通院の無症状の方とは動線が交わらないように最大限留意しております。


ただ5月に入り、風邪症状の方は非常に減少しています。

迅速採血・レントゲン・CTなどの検査を適宜しながら、対応しております。

ただ現段階では疑い例もない状況です。

(無症状者がいるという観点からは疑い例がないというのは厳密には間違っているのですが、多くの無症状者の後ろには必ず一定数の有症状者がおられるので、有症状者の疑い例がないという事になります)


感染は確実に減少傾向にありますし、もちろん経済活動はしていかないとこの社会で生きていけません。

現在コロナによる死亡者は600人。少なくはありません。多くの方が亡くなりました。

ただ日々別の病気で約3000人が亡くなっています。これは毎日3000人ということです。

病気はコロナだけではありません。自死もあります。

経済的困窮から自ら命を絶たれる方もすでにおられるし、これからも増えるでしょう。


私たちはどうしたらいいのか?


私にも明確な答えはありません。

なぜなら、もしコロナ感染が爆発増加し、目の前で多くの人が亡くなるような事があれば

経済をも止めざるを得ないと思うかもしれません。


でもとにかくウイルスは人に宿ります。

もちろん、人ー物ー人の感染はありますので、手指消毒の徹底は『絶対』です。

その手指消毒を徹底した上で、徹底的なソーシャルディスタンス

を行う事で活発ではないけれども、経済の再開は可能となります。


課題はソーシャルディスタンスをいかに達成するのか?


満員電車

 可能な限りテレワークで、車で通勤できる人は車で。時差通勤を図り(自治体ごとに

 厳格に計画)、中高などもフレキシブルに時間帯を変えて通学を


学校での密を避ける

 教室での生徒数を減らす。(可能なら教室数を増やす、あるいは通学させる生徒数を