医療従事者へのワクチン接種開始時期の地域差


滋賀県でも済生会さんはニュースでも報道されていました。

地域によるコロナ感染拡大の差、あるいは病院の受け入れ患者さんの重症度の違いによって、より感染リスクが高い環境に置かれる医療従事者達から順番に行われているようですね。


ところで筋肉注射のやり方なのですが

私が約30年前に医者になった当時教えられた方法は

『肩の三角筋あたりの肉をぎゅっとつまみ、針を垂直にたてて、血管に入っていないかどうかを逆血を確かめてから注入するというものでした。』


筋肉注射を医者がする事はあまりなく、実際の医療現場では看護師がすることが多いのでこの知識のアップデートは私の中でしばらくされずに20年近く経過し今から約10年ほど前に子宮頸がんワクチンの筋肉注射時の指導時にそれまでの自分の常識が全く違っていたことに驚きました。


『肩の部位をつまむのではなく、むしろ皮膚を引き伸ばすようにして筋肉をより露出させて針を垂直に突き刺す。もし骨(上腕骨)にあたれば少し引き抜き、そこで逆血を確認することなく注入する』


この方法で新型コロナワクチンもされるはずです。

比較的高齢の医者はひょっとして昔ながらの方法でやってしまう可能性もあるかもしれません・・・。

まあ例えそうしたとしても問題はほとんどないんですけどね(あまりご心配にならないでください)

45回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

1回目コロナワクチン予防接種受けてきました!

私は来週から体育館での集団予防接種のお手伝いに行かせていただくことになっているのですが、何とかそれまでに1回目の予防接種を受けることができました。 4月16日午後にスタッフ4名が接種していただきました。 筋肉注射は私が医者になった当時は、肩のとんがったところの肩峰というところから3横指(3本の指分下の部分)下のところに左手でつまんでうつ。うったら揉む。 これが筋注のやり方マニュアルでした。 でも今

銀座通りクリニック内科・呼吸器内科内覧会でした

銀座通りって、、、それどこ?ですが守山には銀座通りがあるんですよね。 なので決して東京の銀座を狙った命名ではありません😅 今日は守山さくら内科の分院となるクリニックの内覧会をさせていただきました。 院長はわたくしの夫の尾柳大樹です。 専門は呼吸器科医ですが、内科全般と呼吸器疾患を診療させていただきます。 100名近い方が来てくださってとてもありがたかったです。 ご近所の方が多かったですが、守山さ

お問合せ電話

守山さくら内科クリニック

予約・お問い合わせ

077-582-6577

 
コロナホットライン

​守山さくら内科

クリニック

感冒・発熱

ホットライン

077-535-0312

 

守山さくら内科クリニックでは電話診療を行っております。お気軽にお問合せください。

 

​守山さくら内科クリニックではオンライン診療を2020年6月1日より開始。再診の方のみ。詳しくは受付まで。

オンライン診療