ワクチン2回目接種の副反応は油断ならず

さくら内科、銀座通りクリニックの職員が続々とワクチン接種を受けさせていただきました。さくら内科では職員はほとんどが全員終了しました。

私が知りうる限り20名程度の20歳台から50歳台半ばまでの職員のワクチン接種状況をご報告します。

20歳台2名、30歳台2名、40歳台が8名、50歳台8名の内訳です。

1回目接種時に発熱や関節痛があったのは40歳台女性1名のみ。

2回目接種時は50歳代の私、もう1人の女性職員、私の夫のみ発熱など一切なく副反応は腕の痛み程度で1回目よりも軽いくらい。

それ以外は翌日は朝起き上がれないほど関節痛や全身の脱力感が5名、それ以外はそこまではいかないまでも発熱・全身倦怠感でカロナールを何回か服用しないといけない人ばかりでした。

40歳代の女性は1人は発熱と嘔吐が続き、もう1人の40歳代女性は高熱が3日以上続き食欲不振が続き這って移動するくらいに体に力が入らないというかなり重い副反応がありました。

非常に軽症な3人は全員50歳代だったものの、比較的重たい症状の人の中にも50歳代、40歳代後半がいるなど、中年と言われる年齢では年齢の高低による副反応の重さは予測不能のように思われました。


万が一この重たい2回目の副反応が独居の高齢者に起きてしまったら大変なことになると思います。

先日5月12日には2回目接種の高齢者の方がたくさん体育館に来られていました。私は問診の担当でお手伝いに行かせていただきましたが、皆さん1回目は相当何もなかったようで、2回目に対する怖さは持っておられないようでした。

私が「当日はお酒は飲まないように」と指導させていただいても「ちょっとくらいならいいやろう?」と言った感じで随分皆さんリラックスされているようでした。

なので2回目接種時には独居の方にはできるだけ家族が翌日にはついていただきたいということ。アルコールは控えること、よく水分を取ること、しんどくなった場合はカロナールを内服することを伝えました。


閲覧数:297回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月の初め頃は発熱のお問合せがあまりに多く 何十件も医療機関にお電話をかけて断られたというようなお話も度々耳にしました。 ようやく最近お問合わせ自体の数が減ってきました。 実際に感染者数も少しずつ減少傾向です。 オミクロン対応のワクチン接種開始がいつからになるのか、まだ厚労省からは具体的な事は示されておりません。 各自治体もヤキモキされているんじゃないかと思います。 ワクチン業務を行なっている開業

最近は外来に定期受診される60歳前後の方からこのご質問をよく受けます。 4回目接種は60歳以上だと対象で、59歳以下だと非対象。 オミクロン対応ワクチンは全員が対象という事から どうしたらいいんだろう・・・と考えられる事すごくわかります。 私は4回目接種はしました。 おそらく5ヶ月を待ってオミクロン対応ワクチンを接種する事になると思います。 7月に接種をしたので12月が接種時期になります。 日本が

コロナ禍となりもう3年近く、今までで最大の波が来ています。 第7波です。 第6波ではかなりの方が感染し、累計900万人くらいでしょうかが感染報告されています。 実際はそれの2倍程度はいらっしゃるのかもしれません。 感染者が1割程度でそこにワクチン効果があったのか 6波が引いていったように見えました。 オミクロンの感染防御にはワクチン効果は半分程度しかないにもかかわらず終息傾向だったので 実際に感染