ワクチン接種開始時期は5月下旬

守山市ではすでに高齢者に向けてワクチン接種は始まっていますが、予約システムの問題からパソコンを扱えない高齢者には予約は難しく不公平感があり、不満に思っておられる方も多いです。

ただ5月下旬からは開業医でもワクチン接種ができることになりますので

少しお待ちいただければ皆様にうてることになりますのでご安心いただきたいと思います。


1つのワクチンから6人分のワクチンをうつことになっています

一旦冷凍から冷蔵に変わると2週間しか持たないので、どんどんと納入をしていただくわけにはいきません。

また1回目と2回目の接種間隔は3週間と厳密に決まっていますので

クリニックでワクチン接種を管理しないと接種が困難になりそうです。

守山さくら内科ではかかりつけの高齢者がかなりたくさんおられます。守山市外の方も大勢いらっしゃいますが当院をかかりつけにされている方は特別な届出などなくてもうてるようです。(もう一度確認します)最悪届出をすればうつことができます。

そこで定期受診中の高齢者の方々を電子カルテ上からピックアップし、年齢順にうたせていただこうかと考えています。3週間後に2回目接種が必須であるため6週間でひと集団の方々の接種が完了するということです。5月末からスタートしたとして、7月初めにはまず第一段の方々の接種が完了し、7月初めからまた次の集団をピックアップしご連絡を取り接種していくという方法となります。

ですので最初の3週間で一体何人のワクチンをうてるのかがより早くにワクチン接種を進めていくためのキーポイントとなります。

1週間に100人をうっても結局3週間で300人となり、次の3週間で2回目を接種しないといけないため、結局は6週間で300名しか接種できないことになります。

なのでできるだけ1日のワクチン接種人数を増やすしかありません。

ここは適宜市と供給ワクチンの数についての詳細を随時連絡いただきよりスムースな接種を目指していきたいと思っています。


40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛おしい義妹が天国に

今年の初め、53歳の若さで義妹が天国へ旅立ちました。膵臓癌でした。 頻繁に連絡を取り合うわけではないですが、私が父と暮らしていることもあり 父の誕生日や父の日など何かあると家族で来てくれて、父とちょっとしたお出かけを 提案してくれるような優しい弟夫婦でした。 12月初めに仕事中に連絡などしてこない弟から電話がありました。 とてもとても嫌な予感がして、すぐに電話をかけましたがつながらず そうこうして

新型コロナの感染経路の最新の知見

新型コロナ禍が始まって1年以上が経過。 感染の仕方がインフルエンザとは明らかに違う事は分かっていましたが 当初は飛沫感染、接触感染が疑われていました。 1)感染者が発する飛沫を直接浴びることによる飛沫感染 2)飛沫が物に付着し、それを触った手を介して目・鼻・口などからの接触感染 最近わかってきたことは、接触感染は当初考えられていた程多くはないであろうということ。 要するに物に付着した飛沫内にあるウ

市民体育館でのコロナワクチン予防接種のお手伝いに・・

今日はわたくしはワクチンをうつ担当ではなくて、問診担当で伺いました。 広々とした体育館に十分スペースを空けてソーシャルディスタンスを心がけて 行っておられました。 市役所の方々が奮闘されておりました。 さてさて、一体どういった方々が来られのかと言いますと圧倒的に65歳から70代前半の まだまだお元気で、スマホも使いこなせそうな方ばかりでした。 ネット予約で瞬殺で取れたんだろうなー・・・と予想される