マスク肝斑の方へ

東洋人の女性に非常に多い『肝斑』と言う厄介なシミの一種

両頬に神経系統の刺激に沿って、「もやっ」と現れる40歳以降の左右対称のシミ。

紫外線はもちろん悪化原因ですが、一番悪いのは機械的刺激です

洗顔・メイクでの摩擦は悪化原因となります。


そして今!マスクによる肝斑の方が激増していると思います。

マスクが擦れている場所に出るのならまだそこが擦れているからだと思えますが

そうではなくて肌の一部が擦れるだけでもその刺激がトリガーとなり

目の下の頬部位に現れる肝斑・・・・恐るべし。


不織布は新型コロナ対策には必須です。

ただこの不織布の摩擦により肝斑の激増、あるいはニキビなどの肌荒れの多発が起こっています。


私達女性職員は今「ピタッとマスク」と言うウレタンマスクで保護してからその上から不織布マスクをしています。

マスクがずれがちなのでそれを動かしてしまうのですが

そうするとそれが刺激になりますます肝斑がひどくなってしまいます。


皆ゼオスキンをしているからか職員の肝斑悪化はそれほどでもないですが

同時にトラネキサム酸、ビタミンCを内服しています。


そして洗顔は優しく擦らずに。

そして保湿はセラミド系などでしっかりと。

これだけでも随分薄くなるかもしれません。




33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

1回目コロナワクチン予防接種受けてきました!

私は来週から体育館での集団予防接種のお手伝いに行かせていただくことになっているのですが、何とかそれまでに1回目の予防接種を受けることができました。 4月16日午後にスタッフ4名が接種していただきました。 筋肉注射は私が医者になった当時は、肩のとんがったところの肩峰というところから3横指(3本の指分下の部分)下のところに左手でつまんでうつ。うったら揉む。 これが筋注のやり方マニュアルでした。 でも今

銀座通りクリニック内科・呼吸器内科内覧会でした

銀座通りって、、、それどこ?ですが守山には銀座通りがあるんですよね。 なので決して東京の銀座を狙った命名ではありません😅 今日は守山さくら内科の分院となるクリニックの内覧会をさせていただきました。 院長はわたくしの夫の尾柳大樹です。 専門は呼吸器科医ですが、内科全般と呼吸器疾患を診療させていただきます。 100名近い方が来てくださってとてもありがたかったです。 ご近所の方が多かったですが、守山さ

お問合せ電話

守山さくら内科クリニック

予約・お問い合わせ

077-582-6577

 
コロナホットライン

​守山さくら内科

クリニック

感冒・発熱

ホットライン

077-535-0312

 

守山さくら内科クリニックでは電話診療を行っております。お気軽にお問合せください。

 

​守山さくら内科クリニックではオンライン診療を2020年6月1日より開始。再診の方のみ。詳しくは受付まで。

オンライン診療