ゴールデンウィークが終わったー!!

悶々とした長期のお休みが終わりました。クリニックでは途中3日間午前のみオープンしていましたが、お問合せも少なく、体調不良の方がそれほどはいらっしゃらないのでは?と

少し安堵しました。


今日からまた勤め人にとっては通常あるいは、在宅ワークなどが始まります。

人との接触が増えますが、とにかく感染するシーンのイメージをもって

必要以上に怖がらず、正しく怖がり、できるだけストレスを少なく生活していきたいですね。


そのためにも医者として、どのように生活するべきかなど発信していきたいです。

ご質問があればご遠慮なくしてくださいね。


では今日は午後から診療!!


頑張ろうーっと


閲覧数:58回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私たち医療従事者はほぼ3回目のワクチン接種を昨年12月に済ませました。 ほぼ半年経過しておりますが 先日職員の健康診断をしたついでに自費でワクチンの抗体価を測定いたしました。 2回目接種までは個人差も多く抗体価も非常に低い方が多かったのですが 3回目接種で本当の意味でのブースター効果というものを実感しております。 おそらく接種後1ヶ月くらいが一番抗体価は高くなるのでしょうが 半年経過した私たちも十

軽症であるという言葉が一人歩きしてしまった「オミクロン」 もちろん医療従事者もその言葉に期待を寄せました。 こんな世の中が続いていることの非現実感が未だに拭えませんから。 でもイスラエル・イギリス・アメリカなどの例から デルタ株に比べると感染力は3〜5倍、しかし入院率・重症化率・致死率などは 3〜4分の1程度ということでした。 結局たくさんの方がかかったらいくら重症化率が低いとは言え 普通の風邪と

今回こそは指数関数的と言ってもいいくらいの増え方をしています。 感染対策があまり行われていないから・・というわけではなく それも少し関係があるんでしょうが、感染力が非常に強いことが伺えます。 オミクロンは軽症だから、風邪と一緒だから、、 こんな考え方が先行していることに少し警鐘を鳴らしたいと思います。 国ごとによってもオミクロンによる致死率は異なります。 増え方も異なります。 それは人種の差なのか