top of page

コロナ感染後の健康被害の報告

コロナ感染は『後遺症』と言うワードが当初からついて回っていました。

イギリスではコロナ感染後で、MRIでの観察上脳が萎縮すると言うことが報告されています。

そしてアメリカでは、複数回コロナ感染を繰り返すと一度もかかっていない人と比べると

一般的なコロナ外の疾患などで死亡率が2倍になる、、心血管疾患のリスク、、神経疾患のリスクの増加などが報告されました。


コロナはその場限りの感染症ではなく、持続感染の可能性、あるいは免疫に何らかの悪影響を起こす可能性などが示唆されています。


特に私が心配するのが自分の身を自分で守れない幼い子供たちがコロナに晒され

コロナのいわゆる後遺症というやつにこれから悩まされるのではないか?と言うことです。


本当に厄介なウイルスです。


麻疹と言ういわゆるハシカも、感染後10年程度の時を経て

亜急性硬化性全脳炎と言う寝たきりになるような神経疾患は教科書的にはよく知られています。

ウイルス感染とは本当に厄介で稀ではあってもそういったことがあるため

できればかからぬように、あるいはかかりにくいようにワクチンを接種というやり方で

私たち人類は闘ってきたわけですが

新型コロナウイルスというやつは形をどんどん変えて襲ってくるために

ワクチンも1度どころでは済まず、すでに4回目接種が始まることになりました。

そしてこれも万全の策ではないわけです。


とにかく1番大切なのはかからないようにすること。

感染防御が大切です。

そして可能ならばワクチン接種を行い罹った時の被害を少なくする道を選ぶこと。

それも絶対ではないので、望まぬワクチン接種を押し付けるつもりはありませんが

これらの情報を全て咀嚼し、それで自分達の道を選択していくべきかと思います。



クリニックでは明らかにここ1〜2週で陽性者が増加しています。

検査できる人数には限りがありますので、数が増えたのではなく陽性率がとてつもなく高くなったということです。

中国のある地域ではインフルエンザが流行しておりました。

ここに日本でインフルエンザの流行まで重なるとそれなりに国は大混乱になってしまいかねません。

どうか皆様感染対策を続けてお願いします。

マスクをつけ、人と密な会食は避け手洗い・うがいの励行をお願いいたします。


最近アメリカからの報告では

インフルエンザワクチンや肺炎球菌のワクチンによってアルツハイマーに罹患するリスクが

非常に減ったという話がありました。

もちろんこれらには追試が必要ですし

そもそもインフルエンザワクチンを打とうという人たちの行動そのものがアルツハイマーに罹りにくい何らかの別のファクターがある可能性もあります。

その辺りを全て取っ払った上での確実なデーターが欲しいところではあります。


コロナ禍が始まった当時に首相でおられた安倍さんが今やもうこの世におられず

悲しいばかりです。

ただただ安倍さんのご冥福をお祈り申し上げます。

過ぎるか妥当かはおいておいて攻撃され続けた安倍さん。

そのことにずっと不快感を持ち続けていました。

私も含めて、誰かをただただ一方的に責めたり、蔑ろにしたり

そういった風潮を今一度考え直すべきかと思います。

志半ばにしてなくなられた安倍さんを一人の人間として尊重し

その死を厳粛に受け止めたいです。


わたしはずっと安倍さんを支持しておりました。

だから心に穴が開いたように、近しい誰かが突然いなくなったかのように

喪失感でいっぱいです。

このようなことが2度と起きぬよう残された私たちが

互いを守り合わねばいけませんね。




閲覧数:89回0件のコメント

最新記事

すべて表示

令和6年1月初旬の発熱外来の状況

昨年の令和5年1月1日に発熱外来をさせていただいた時には、わずか3時間程度で40名近い患者さんから連絡があり、ほぼ全ての人が新型コロナに感染しておられました。 今年は新型コロナ感染症への警戒感も徐々に薄れて来られ、重症化する方も数年前と比較すると減少したこともあり発熱外来を年末年始にオープンすることなく6日間のお休みをいただきました。 そして1月4日から通常外来を始めさせていただき、3日間の診察を

令和5年12月で~~発熱の方がどんどん増えてきています

11月中旬頃までは新型コロナの新規感染者は数日に1件から2件ある程度であったのが、11月末からまた増加傾向です。 インフルエンザは8月ころから増え始め未だ減少の気配がなく毎日のようにA型の方が多く来られます。 インフルエンザA型は学生さんの間で流行しており、その親御さんが一緒に感染されるという感じで、ご高齢の方でインフルエンザの方は少ないように思います。 ただコロナ感染は確実に増加傾向。今回はさす

糖尿病薬のあやまった使用法

最近どんどん認可されている糖尿病薬で、体重を落としながら血糖を下げていくものが ネットなどでも話題になっています。 アメリカでは肥満の治療にも使われたりするので 確かに糖尿病じゃない人に使うのが絶対に危険というわけではないのです。 ただ日本ではまだ糖尿病患者様にしか認可されていませんし そもそもアメリカの高度肥満と日本人の考える肥満とは次元が違う話です。 でも女性の「痩せたい!!」願望につけ込んだ

Comments


new07 (1).gif
bottom of page