コロナワクチン予約をネット予約にする経緯四苦八苦

コロナ禍が始まり、まず私達はオンライン診療の資格を申請し開始しました。

そしてホームページを一新し、コロナ対策をどのように行っているのか、

又どのようにコロナ禍が推移しているのかタイムリーに発信したいが為に、非常にど素人感満載ではありますが、自分でホームページを作成しました。

ど素人のつぎはぎホームページですが、自分でタイムリーに情報を発信していけるのでこのスタイルが個人的には今の所は気に入っています。


そしてコロナワクチン接種に関して、高齢者については電話予約だと診療所の通常業務ができなくなるほど電話がなるかもしれない事。高齢者がネット予約をする事は困難ではないか?という懸念から、当院を受診されている全ての65歳以上の方々にお電話をしてワクチン接種の予約を取らせていただいておりました。


そして60歳から64歳の全員。59歳以下の基礎疾患ありの方のワクチン接種が始まるとなると、もうお電話で予約を取らせていただく事はほぼ不可能であると判断。

ネット予約をすることにいたしました。

ところがネット予約をするとは言ってもそんなノウハウなど全く知らない私達ですので

四苦八苦しながら、予約ができるサイトと契約を行い、必死で予約ページを作りました。

これもど素人のネット予約システムメニューです。


56歳の初老?の私が四苦八苦しながらネットを駆使して大汗かきながら頑張っております😂

本日6月25日よりホームページ上から予約をとっていただけることになりました。


分院の銀座通りクリニック内科・呼吸器内科も同じサイトで別枠で予約ページを作り

本日より予約が取れるようにしております。


至らぬ点などあるかと思いますがご活用いただけますと嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

閲覧数:159回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私たち医療従事者はほぼ3回目のワクチン接種を昨年12月に済ませました。 ほぼ半年経過しておりますが 先日職員の健康診断をしたついでに自費でワクチンの抗体価を測定いたしました。 2回目接種までは個人差も多く抗体価も非常に低い方が多かったのですが 3回目接種で本当の意味でのブースター効果というものを実感しております。 おそらく接種後1ヶ月くらいが一番抗体価は高くなるのでしょうが 半年経過した私たちも十

軽症であるという言葉が一人歩きしてしまった「オミクロン」 もちろん医療従事者もその言葉に期待を寄せました。 こんな世の中が続いていることの非現実感が未だに拭えませんから。 でもイスラエル・イギリス・アメリカなどの例から デルタ株に比べると感染力は3〜5倍、しかし入院率・重症化率・致死率などは 3〜4分の1程度ということでした。 結局たくさんの方がかかったらいくら重症化率が低いとは言え 普通の風邪と

今回こそは指数関数的と言ってもいいくらいの増え方をしています。 感染対策があまり行われていないから・・というわけではなく それも少し関係があるんでしょうが、感染力が非常に強いことが伺えます。 オミクロンは軽症だから、風邪と一緒だから、、 こんな考え方が先行していることに少し警鐘を鳴らしたいと思います。 国ごとによってもオミクロンによる致死率は異なります。 増え方も異なります。 それは人種の差なのか