top of page

コロナワクチン予約をネット予約にする経緯四苦八苦

コロナ禍が始まり、まず私達はオンライン診療の資格を申請し開始しました。

そしてホームページを一新し、コロナ対策をどのように行っているのか、

又どのようにコロナ禍が推移しているのかタイムリーに発信したいが為に、非常にど素人感満載ではありますが、自分でホームページを作成しました。

ど素人のつぎはぎホームページですが、自分でタイムリーに情報を発信していけるのでこのスタイルが個人的には今の所は気に入っています。


そしてコロナワクチン接種に関して、高齢者については電話予約だと診療所の通常業務ができなくなるほど電話がなるかもしれない事。高齢者がネット予約をする事は困難ではないか?という懸念から、当院を受診されている全ての65歳以上の方々にお電話をしてワクチン接種の予約を取らせていただいておりました。


そして60歳から64歳の全員。59歳以下の基礎疾患ありの方のワクチン接種が始まるとなると、もうお電話で予約を取らせていただく事はほぼ不可能であると判断。

ネット予約をすることにいたしました。

ところがネット予約をするとは言ってもそんなノウハウなど全く知らない私達ですので

四苦八苦しながら、予約ができるサイトと契約を行い、必死で予約ページを作りました。

これもど素人のネット予約システムメニューです。


56歳の初老?の私が四苦八苦しながらネットを駆使して大汗かきながら頑張っております😂

本日6月25日よりホームページ上から予約をとっていただけることになりました。


分院の銀座通りクリニック内科・呼吸器内科も同じサイトで別枠で予約ページを作り

本日より予約が取れるようにしております。


至らぬ点などあるかと思いますがご活用いただけますと嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

閲覧数:166回0件のコメント

最新記事

すべて表示

毎年寒くなってくるとどうしても感染症が増えます。特に寒波がやってくるこの年末年始は インフルエンザの大流行期に当たることも多いのですが・・。 今はコロナ感染です。 それに今回はインフルエンザも流行に入ってきているので病院全体がお休みに入ってしまうとみなさまが大変な思いをされることになるからと 全国的に各自治体から、病院や診療所などに年末年始の発熱外来を開設するようにとのお願いベースでの要請がござい

ワールドカップの時は皆さんノーマスクでしたね。 日本・韓国・中国などを除いてはほぼ皆さんマスクをされていないのでしょうかね。 随分前から西欧諸国はノーマスク政策でしたが 今年10月頃にハワイに親戚一同でお出かけされた日本人はコロナに全滅で帰ってこられていました。 なのでアメリカではもはやコロナの検査を特別することはなく もし重症化するようなことがあれば検査をして入院などという措置にされているのかな

わたくしは4回目コロナワクチン接種は7月末に受けましたので、10月末には5回目接種を受ける事が可能でしたが、 患者様のご予約が多く、とりづらい状況であったため 患者様のキャンセルが出てワクチンを破棄する時にうとうと思っておりました。 それで接種したのが11月26日になります。 1~3回はファイザーで、4回目はモデルナ、そして5回目はファイザーで接種をうけました。 私は毎回ほとんど何も副反応がないタ