コロナで重症化しないために

上記の答えがわかれば苦労しませんね・・すみません。


ただ重症化するキーワードは「加齢や基礎疾患の有無」


「加齢」によって身体に絶対に起こってくることは血管の炎症です。

そして血管の炎症は様々な病気の原因になる事が知られています。

癌・認知症・心筋梗塞・脳梗塞などなど・・。

つまりアンチエイジングで取り上げられていた対策が、コロナの重症化を防ぐ可能性があります。


タバコを吸いすぎるのは肺が傷みます。

大気汚染と致死率が相関するのも肺がダメージを受けているから。

高血圧は血管にストレスがかかり、腎臓もダメージを受けています。

糖尿病も血管の病気です。

肥満を持つ人は血管炎症が標準体重の方に比べて多く認められる事もわかっています。

心疾患がある人は心筋にダメージを受けているでしょうし、心血管の炎症があります。



20歳未満の若年者に重症者が極端に少ない事もうなづけます。

彼らはまだ生まれてきてそれほど長時間ストレスにさらされていないため

血管の炎症は軽微です。


最近ビタミンDがコロナ重症化を予防するというニュースもあったりしますが

アンチエイジングでこれまでも言われてきた事です。

青魚もアンチエイジングによければコロナ重症化にもいいわけです。

アンチエイジング大好きな日本人のやや神経質なくらいの健康オタク的な習慣はこのコロナウイルスにはプラスに働いていたと言えます。


一体感染の実態はどうなのか?

いつ頃おさまるのか?いつまでこの生活をしないといけないのか?


その実態を把握するために、世界中ではコロナウイルスに対する抗体検査が行われています。

抗体検査とはコロナウイルスに罹ったことがあるかどうかを判定する検査で

「今コロナを持っているかどうか?」のPCR検査とは又別のものです。

大抵は僅かな血液をスティックのような検査キットに垂らして、判定する簡易なものです。


その陽性率にはばらつきがあります。感染爆発した武漢でも3%程度だったり、ニューヨークでは10%以上だったりで、まだまだ感染の実態はつかめていません。

そもそもその抗体検査の精度がどの程度かも検証不十分です。

マドンナが確か抗体陽性だったとかでSNSで投稿していましたよね?

安易に抗体陽性だからもうかからないとか、そもそもその抗体陽性が本当なのか?疑問です。それが明らかになっていないのに軽率な行動は取るべきではありません。

コロナウイルスの動態が分かるまでは慎重に振る舞うべきです。



ただ間違いないのは、集団免疫と言われる60%にはまだまだ程遠い事だけは間違いありません。