検索
  • 尾柳知佐子

オンライン診療準備完了

感染の機会を避けるため外来受診を避ける方がおられます。

お気持ちわかります。

定期受診をして当院をかかりつけ医として下さっている方であれば

お電話でご様子を伺いお薬の処方をする事は可能です。

オンライン診療が必要であるのかどうかは色々考えましたが

やはり今後、コロナ感染の状態がどのようになるのかは予測ができず

遠方の方が来院できない、電話だけではそのご様子を観察することができない

(特に神経難病の方はお顔を見させていただくとある程度状態を予測することができますので)などの事態になった場合に、このシステムがあって邪魔にはならないだろうと

導入いたしました。


初診の方の診察は、触診・聴診・明確な視診ができないため、本当の緊急事態にのみさせていただこうかと現段階では考えています。


風邪症状の方が医療機関に受診しにくい事を考えると、導入するべきかとも迷ったのですが

やはりオンライン診療の限界があり、そこでの投薬などの医療行為が自信を持って行えるのか?というモヤモヤ感がまだあります。


当院ではゾーニングをして別時間帯での風邪症状の方を診察させていただいていますので、できれば来院をお勧めしています。



39回の閲覧

最新記事

すべて表示

滋賀県コロナ体制が史上最悪の愚策である件

11月から発熱患者は診療所でまず対応して、診療所レベルで抗原検査を行うことになりました。 しかし、この抗原検査なるものは曲者で非常に飛沫が出やすいため それに手をあげる診療所がいるわけではなく、(院内で施行できないばかりか、それをする際の補償も担保されていません) 守山については公表は許されていませんが、検査をする診療所はほとんどないに等しい状況です。 にもかかわらず、行政は完全に手を引きました。

滋賀県の今後

現在の滋賀県の体制は、数十名の手を上げて下ったコロナ抗原検査を診療所でやるといった数十カ所と検査センターでの抗原検査で賄おうというプランです。 風邪をひいたらまず近くのクリニックに電話。 そこがなるだけ発熱を見る。 そして検査が必要なら検査ができる場所をこちらから連絡を取りOKが取れれば ご紹介するという流れです。 まず近くのクリニックに電話した時点で断られている患者様が結構多いんですよね。発熱は

お問合せ電話

予約・お問い合わせ

077-582-6577

 
コロナホットライン

​感冒・発熱

ホットライン

077-535-0312

 

電話診療を行っております。お気軽にお問合せください。

 

​オンライン診療を6月1日より開始。再診の方のみ。詳しくは受付まで。

 
オンライン診療