オミクロン対応ワクチンを待つのかという質問

最近は外来に定期受診される60歳前後の方からこのご質問をよく受けます。

4回目接種は60歳以上だと対象で、59歳以下だと非対象。

オミクロン対応ワクチンは全員が対象という事から

どうしたらいいんだろう・・・と考えられる事すごくわかります。


私は4回目接種はしました。

おそらく5ヶ月を待ってオミクロン対応ワクチンを接種する事になると思います。

7月に接種をしたので12月が接種時期になります。


日本が世界から見てBA5が猛威を振るってしまった原因としては、

日本人は全人口の1割程度しかまだ感染していなかったということ、同時期にワクチンの効果が薄れてきていたことなどが相乗効果となり

この大波の第7波が来たのでは?と推測されています。

このまま高止まりが続いて、インフルエンザなどが流行するかも?と考えると

対象者はなるだけ4回目接種はしておいた方がいいのだろうとは思います。

ただ微妙な年代の方で(60歳前後)基礎疾患がそれほどではないような方は

なるだけワクチンの接種回数を減らしたいと思われるだろうと。

なので明らかな高度肥満、血糖コントロールのよくない糖尿病の方、脳血管障害や心血管障害歴のある方、喫煙されている方など

コロナで重症化しやすい要因を持っておられる方は

オミクロン対応ワクチンを待たずになるだけ早めに接種された方が良いのではないかと考えています。


そうでない方は、ご自身がコロナ感染に対してハイリスクであるかどうか。

満員電車で通勤せねばならず、職場で人との接触が避けられないような基礎疾患のある方などはうっておいた方がいいのかな。

逆に60歳を超えていても、ほとんど基礎疾患らしきものはなく、家族も子供は同居していないような状態で接触も限られている場合は感染リスクをできるだけ避けるように過ごしてオミクロン対応ワクチンが出たらなるだけすぐに接種するという考え方もあるなと思っています。

ワクチンが絶対的ではありませんし、4回接種をして1ヶ月後の方が現にコロナ感染して来られた方を数名知っています。

確かに皆さん非常に軽微な症状ばかりでしたがそれもたまたまなのかもしれませんし

何が絶対なのかはもっともっと時を経ないとわからないのではないかと思っています。


一応9月30日でもって現在の4回目ワクチン接種業務は終了ということの内容が行政からは連絡が来ております。

その後の事はまだ私たちの元には情報は回ってきておりません。


インフルエンザワクチン接種が10月から始まることを考えると、10月からはコロナとインフルエンザワクチンの2種類のワクチン接種で又医療現場はちょっとした混乱が起こりそうです。今年は昨年よりもインフルエンザワクチンの供給は多いようですので

希望される方はほぼうてるのではないかと思いますが、昨年は「多分流行しないだろうからうちません」という方も多かったので今年は流行が予想されるのでひょっとして又予約が取りにくい状況になるのかもしれません。


この冬は世界中が再びコロナ流行を経験するのでは?と考えられています。

いつになったら終わっていくのか、先が中々見えません。

重症化率は下がっているようですが、子供たちもたくさんかかるようになったことで

子供の犠牲者の報告がされています。

確かに数は少ないのですが、子供が犠牲になることだけはやはり悲しくて仕方がありません。

どうしたら子供たちを守ってあげられるのだろうと考えますが

相手を選ばないウイルスという敵の前では私たちもなす術がないのかもしれません。

ただワクチンをうてる年代にはできるだけワクチン接種を。

周りの大人はできるだけ子供に感染させないように。

特効薬がない現状ではこれくらいの対策しかとれそうにありません。


早く子供たちがマスクなしで笑顔で走り回れる世界になりますように・・と願います。




閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月の初め頃は発熱のお問合せがあまりに多く 何十件も医療機関にお電話をかけて断られたというようなお話も度々耳にしました。 ようやく最近お問合わせ自体の数が減ってきました。 実際に感染者数も少しずつ減少傾向です。 オミクロン対応のワクチン接種開始がいつからになるのか、まだ厚労省からは具体的な事は示されておりません。 各自治体もヤキモキされているんじゃないかと思います。 ワクチン業務を行なっている開業

コロナ禍となりもう3年近く、今までで最大の波が来ています。 第7波です。 第6波ではかなりの方が感染し、累計900万人くらいでしょうかが感染報告されています。 実際はそれの2倍程度はいらっしゃるのかもしれません。 感染者が1割程度でそこにワクチン効果があったのか 6波が引いていったように見えました。 オミクロンの感染防御にはワクチン効果は半分程度しかないにもかかわらず終息傾向だったので 実際に感染

しばしば話題に上る2類から5類 要するにコロナをインフルエンザと同等に扱うという話です。 コロナ前のインフルエンザ患者はどう扱われていたのか? 風邪症状があるとまず開業医に。そしてそこでインフルエンザと診断されると 大体抗インフルエンザ薬が処方されて自宅療養というのが大筋です。 じゃあ高熱を出して飲水も出来ないような方、入院して点滴をしてもらった方がいいような方はどうなっていたのか? 答えは『ほぼ