top of page

まさしく第9波の中にいる

滋賀県では先週くらいからその傾向はありましたが今週に入り

発熱の方が激増し、そしてコロナの陽性率も激増しました。インフルエンザはほぼいない状況です。

ただ中にはお子様のヘルパンギーナや他のウイルス感染をもらわれている方もおられます。


ただ今回は今まで違う点として、高齢者を守るという意識のもとに介護施設や高齢者施設での感染防御体制にひょっとして綻びが出てきた?いやあるいはあまりにも多くの感染者がいるために防御しきれないのか?

いずれにしても担当しているご高齢患者様の感染者が確実に増えています。

入院せねばならない状況の方も増えてきました。


自分で食事をすることができたり、排泄などもコントロールできるような高齢の方は比較的軽症で終わられるように思いますが

飲水なども促さないとおできにならないようなレベルの方は、肺炎になられたり

脱水で消耗されたりという事態に陥りやすいと感じます。


5類になったことで入院などの受け入れがされやすくなったのか?と言われたら

それはむしろ難しくなっている・・という印象です。

5類は区分上の問題であって、コロナが広がりやすい、時に重症化しやすい、といった特性は何ら変わっていませんので

どこの病院も慎重にならざるを言えません。

インフルエンザと同様、できれば自宅でお過ごしくださいというのが

病院の真意となります。


これも致しかたないことと思います。

だからこそハイリスクの方はとにかく感染しないように留意すること

これに尽きるかと思います。


高齢者はできるだけワクチンで少しでも免疫を高めておくというのもわたくし個人としては思っているところです。


現在は滋賀県は高校生の体育祭・文化祭で異様なクラスターがあちこちで発生しております。高校生は大抵は2回接種の方が多く

40度近い熱を出す人をよく見かけます。

中には食事が取れないほどの咽頭痛に至ることもあります。


そしてサービスを利用している高齢者が次々と感染していっています。

どんどん患者様が増えてきた場合は医療機関の入院が今以上に難しくなりますので

どうか、互いにうつしあわないようにできる限りの対策をしていただきたく存じます。


わたくしはワクチンは6回接種でまだコロナ感染はしておりません。

できれば感染をくぐり抜けたいところですが、いずれは感染していくのだろうと思います。

またそうでなければ国民全体の集団免疫を獲得もできませんし・・。

できるだけ軽症で終わらせたいと思いますが、これもその時の運のようなものですので・・・。

まあ寝不足は避け、過度のストレスを抱えず、お酒を飲みすぎず、旬の物を美味しくいただきながら、適度に人生を楽しみながら日々を暮らすこと。

これが一番免疫力を良い状態に保てるように思います。


どうか皆様ご自愛なさってくださいね。


閲覧数:139回0件のコメント

最新記事

すべて表示

令和6年1月初旬の発熱外来の状況

昨年の令和5年1月1日に発熱外来をさせていただいた時には、わずか3時間程度で40名近い患者さんから連絡があり、ほぼ全ての人が新型コロナに感染しておられました。 今年は新型コロナ感染症への警戒感も徐々に薄れて来られ、重症化する方も数年前と比較すると減少したこともあり発熱外来を年末年始にオープンすることなく6日間のお休みをいただきました。 そして1月4日から通常外来を始めさせていただき、3日間の診察を

令和5年12月で~~発熱の方がどんどん増えてきています

11月中旬頃までは新型コロナの新規感染者は数日に1件から2件ある程度であったのが、11月末からまた増加傾向です。 インフルエンザは8月ころから増え始め未だ減少の気配がなく毎日のようにA型の方が多く来られます。 インフルエンザA型は学生さんの間で流行しており、その親御さんが一緒に感染されるという感じで、ご高齢の方でインフルエンザの方は少ないように思います。 ただコロナ感染は確実に増加傾向。今回はさす

糖尿病薬のあやまった使用法

最近どんどん認可されている糖尿病薬で、体重を落としながら血糖を下げていくものが ネットなどでも話題になっています。 アメリカでは肥満の治療にも使われたりするので 確かに糖尿病じゃない人に使うのが絶対に危険というわけではないのです。 ただ日本ではまだ糖尿病患者様にしか認可されていませんし そもそもアメリカの高度肥満と日本人の考える肥満とは次元が違う話です。 でも女性の「痩せたい!!」願望につけ込んだ

Comments


new07 (1).gif
bottom of page