検索
  • 尾柳知佐子

このパンデミックはどうなっていくのか?

まずは、昨日報道にもありましたが、現在流行しているコロナウイルスは欧州からの第2波のようです。

武漢からの第1波が何とか抑え込みに成功したか?と言われています。


一時期東京・大阪では感染者数がどんどん増えていき、日本もいつ欧州・アメリカのようになってもおかしくないな・・と身がまえましたが

流石に日本人のふんばりが効いて、減少傾向に転じました。


とにかくこのウイルスは蔓延し出すとそこから手を打っても「手遅れ」となります。

オーバーシュートで多くの人は入院もままならず亡くなることが起こってきます。


今大切な事は何か??


『stay home』です


家にいてください。

これは決して買い物にも出かけるなという意味ではありませんが、極力人との接触を減らせば、「必ず」感染者数は減ります。

感染源不明の人は減っていきます。

そうすれば、クラスター対策もある程度有効となってきます。

別途院内感染などは対策をしなければいけませんが、市中感染は減らせるはずです。


これによって感染者数を減らす事ができれば、『条件付き』の経済活動再開が可能になります。

少しずつ段階を踏んで自粛を緩めていく事はできます。


犠牲者を少しでもださない方法は今日本の対策が一番的を得ていると私は思っています。


そして来るべき、今年の冬の「大流行」に備えましょう

今年の冬は「絶対に」流行します。今までにない流行となるかと思います。

その前の段階で感染者を減らしすぎたら、返って大流行になるとも言われています。

一日に二桁台の感染者を出しながら冬にまたきっちり厳格な自粛をするということが

戦略となってくると思います。


そのためにはまず今は感染者数を減らす!!。そして秋以降にはインフルエンザのワクチンを打ちましょう。同時に流行するウイルスへの抗体を獲得することはコロナに対して強くなれる可能性があります。

救急体制をしっかり冬に向けて整えます(医療従事者の仕事です)


来年の4月以降にはもう少し光が見えてくるかもしれません。


それまで皆さん一緒に乗り越えましょう。



18回の閲覧

最新記事

すべて表示

滋賀県へのご質問

ご無沙汰しております。 新型コロナと折り合いをつけた生活に皆様ももう仕方がないな・・と諦めモードで受け入れておられる感じがします。 さて今後の秋・冬に向けて検査体制が国で提示されました。 滋賀県でも三日月知事がかかりつけ医での診療を骨子とした方針を会見でお話しされていました。 ぼやぼやしていたら、インフルエンザだってあっという間に流行しますので とにかくクリニックとしてどのような体制で臨むのか決定

どんどん増えるコロナ患者

自粛解除からあっと言う間にコロナ感染者数が夏にもかかわらず増えています。 新型コロナとはなんて言うウイルスだろう・・と思います。 やっぱりヒトにとって免疫のない初めてのウイルスであるため 夏だから感染力を弱めると言うことはないようです。 いえ、むしろ感染力は上がっていそうです。 感染力を上げるようにウイルスは突起部分を増やし変異を遂げているようです。 だから数ヶ月前より感染力が上がっている可能性大

自粛解除について思う事

一時期1日に数百人単位で感染者が報告されていた頃を思い出すと、やっぱり身体中がぎゅっと緊張して悲しい思いで過ごしていたな・・と。 今でも亡くなられた方が報告されるとやっぱり辛いです。 他の病気で亡くなられている方はたくさんおられますし、このコロナも人間が受け入れざるを得ない病だろうからコロナだけを特別視するこの感情をコントロールせねば・・と思うのですが・・・。 それくらいコロナとは怖い病です。 先

お問合せ電話

予約・お問い合わせ

077-582-6577

 
コロナホットライン

​感冒・発熱

ホットライン

077-535-0312

 

電話診療を行っております。お気軽にお問合せください。

 
オンライン診療

​オンライン診療を6月1日より開始。再診の方のみ。詳しくは受付まで。