top of page

「第9波には入っていない」ですか・・・


新型コロナも5類移行に伴い、感染者数報告は週1回の定点でのものとなりました。

これである程度正確に状況が把握できるかと思いきや

多くの滋賀県民の皆様は、「コロナはだいぶ落ち着いているんですよね?」とお答えになります。かなり現状との解離がありますね。

現状は、この1~2週間で明らかに感染者数は多くなってきており

実感としては大きな波の入り口かあるいはすでに入っていたときと同等。それでも尚、三日月さんも、担当大臣も「そうではない」という認識。

知らないのか、、それともあえて言わないのか。


最近の傾向としては

高校生が文化祭やら体育祭やらをこの時期に行い、そこでクラスター発生がみられるということ。

高校生が高熱を主訴にお電話があったらほぼコロナかな?という感じです。


そのお話を皆様にすると

「どうして増えているのでしょうか?」と一様にご質問されます。

その答えは

「半分以上の日本人がまだかかっていないから」が一番ぴったりくるかなと思います。

コロナにはある程度波があり、数ヶ月サイクルでその波を繰り返しています。

日本人は辛抱強いといいますか、感染防御意識もあるからだと思いますが

まだ5割を越えて感染していないのです。

だから免疫獲得していない人の方が多いわけです。

そこにワクチンもあまりにも複数回うつのはいやだからと、2回から3回程度で終わっている人も多く、免疫獲得にはほど遠い状態。

とすると、大きな波の数ヶ月後には日本人全体の免疫が低下していき、また大きな波にいたるということになります。

諸外国では日本とは比べものにならないくらいの感染者数が同時発生し、8割程度以上は既感染者であったりするため、コロナの波が来ても小さい波ですんでいるのでしょう。

日本はまだまだある程度の大きな波をもって、感染者を増やしつつ国民全体で免疫獲得をしていく感じとなります。

私個人としては日本的なやり方が一番犠牲者を少なくしていく方法と思っています。

マスクなどの感染防御もある程度個人に任せられる事になり、

それはそれでいいことではないかと思います。

ただ、とにかく感染による重症化リスクを抱えている人については引き続きしっかりした感染防御態勢をとるようにするべきと考えます。これは本人のみならずまわりでサポートする家族や医療関係者もこころにとどめておくべき事だと思います。

コロナについて、いつになったら全く気にしないで生活できるようになるのか?

医療関係者、特に現場でコロナ感染者の方を診断・診察するわたくしにとっては

なるだけかかりたくない感染症であることにかわりはなく

この後かなり長い期間コロナを考えながら生活していくことになるだろうと思っています。

マスクも引き続き、クリニックではもちろん必須ですが、自宅でのマスクについてもストックを常にしています。

先日も大量に買って単価が抑えられるようにしました。


ワクチンについては、適宜うちながら

新型コロナにさらされるときに、全くの丸裸状態ではいやだな・・と思いますので

そんな感じでやっていこうと思っています。


高齢の父については6回目接種を終えました。

ある程度のリスクがある人についてはしっかり何ヶ月単位でうった方がいいのでは?と

個人的には考えています。


夏休みに入る事で一旦学校でのクラスター発生は落ち着いていくのかもしれませんが

職場でも密かにクラスター発生しており、検査しない人もふえてきているので

ハイリスクと考えられる方は自らを守るようにしてください。


蒸し暑く夏ばてしがちな気候ですが、どうか皆様お体ご自愛なさってくださいね。





閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

令和6年1月初旬の発熱外来の状況

昨年の令和5年1月1日に発熱外来をさせていただいた時には、わずか3時間程度で40名近い患者さんから連絡があり、ほぼ全ての人が新型コロナに感染しておられました。 今年は新型コロナ感染症への警戒感も徐々に薄れて来られ、重症化する方も数年前と比較すると減少したこともあり発熱外来を年末年始にオープンすることなく6日間のお休みをいただきました。 そして1月4日から通常外来を始めさせていただき、3日間の診察を

令和5年12月で~~発熱の方がどんどん増えてきています

11月中旬頃までは新型コロナの新規感染者は数日に1件から2件ある程度であったのが、11月末からまた増加傾向です。 インフルエンザは8月ころから増え始め未だ減少の気配がなく毎日のようにA型の方が多く来られます。 インフルエンザA型は学生さんの間で流行しており、その親御さんが一緒に感染されるという感じで、ご高齢の方でインフルエンザの方は少ないように思います。 ただコロナ感染は確実に増加傾向。今回はさす

糖尿病薬のあやまった使用法

最近どんどん認可されている糖尿病薬で、体重を落としながら血糖を下げていくものが ネットなどでも話題になっています。 アメリカでは肥満の治療にも使われたりするので 確かに糖尿病じゃない人に使うのが絶対に危険というわけではないのです。 ただ日本ではまだ糖尿病患者様にしか認可されていませんし そもそもアメリカの高度肥満と日本人の考える肥満とは次元が違う話です。 でも女性の「痩せたい!!」願望につけ込んだ

Comments


new07 (1).gif
bottom of page